ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 市町村振興課 > 住民票の写し等の第三者交付に係る本人通知制度(リンク集)

住民票の写し等の第三者交付に係る本人通知制度(リンク集)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月7日更新

本人通知制度は、市町村が、住民票の写しや戸籍謄本などを、代理人や第三者に交付した場合に、希望する本人(事前に市町村への登録が必要)に交付したことをお知らせする制度です。

県内市町村においては、住民票の写し等の不正請求及び不正取得の防止のため、平成24年4月1日より杵築市、国東市、日出町が県内で初めて事前登録型本人通知制度を導入しました。

その後、大分市(平成24年10月1日から)、竹田市(平成24年11月1日から)、中津市(平成25年1月1日から)、別府市(平成25年1月15日から)、九重町、玖珠町(共に平成25年3月1日から)、日田市、佐伯市、臼杵市、津久見市、豊後高田市、宇佐市、豊後大野市、由布市、姫島村(すべて平成25年4月1日から)においても同制度が開始され、現在、県内すべての市町村で本人通知制度が実施されています。

本人通知を希望する方は、住所や本籍のある市町村に登録する必要があります。(無料です)

詳しくは、各市町村の窓口にお問い合わせください。

大分市

別府市

中津市

日田市

佐伯市

臼杵市

津久見市

竹田市

豊後高田市

杵築市

宇佐市

豊後大野市

由布市

国東市

東国東郡

姫島村

速見郡

日出町

玖珠郡

九重町

玖珠町