ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 健康づくり支援課 > 中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生について

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生について

印刷用ページを表示する掲載日:2013年5月22日更新

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)の患者の発生について

鳥インフルエンザA(H7N9)とは

 今回、中国で見つかった鳥インフルエンザA(H7N9)は、今までにヒトに感染することが知られていなかったウイルスの感染症です。4月1日にWHOが中国でヒトへの感染があったことを初めて公表しました。
 感染源はまだわかっていませんが、中国政府の調査では、ヒトからヒトへの感染は確認されていません。
 国においては、中国の発生地域へ渡航される方に注意喚起を行うとともに、不用意な動物との接触を避けるよう呼びかけています。
 また、中国から帰国された方で到着時に発熱などの症状があるときは、検疫所へ相談してください。

 感染予防策については、WHOが示したQ&A 2013年4月5日更新(国立感染症研究所・感染症疫学センター 邦訳)によると、以下のように記載されています。

8 インフルエンザA(H7N9)ウイルスの感染をどのように防ぐことができますか?
 感染源と感染経路の両方が不確定ではありますが、感染全般を防ぐために基本的な衛生慣行に従うことが賢明です。その中には手指衛生や咳エチケット(原文では「呼吸器の衛生」)と食品安全対策が含まれます。

<手指衛生>以下のような時には手を洗いましょう。
 ・食事を用意する前、用意している間、その後
 ・食べる前
 ・トイレを使用した後
 ・動物の世話をしたり、動物の排泄物を処理した後
 ・手が汚れている時
 ・家人が病気になりお世話をする時

 手指衛生は、また、(汚染面への接触から)自分自身への感染伝播を予防します。これらは、医療機関においては、患者に対して、あるいは医療従事者や他の人への感染伝播を防ぐことにつながります。

・肉眼的に汚れている場合には、石けんと流水で手を洗いましょう。そうでない場合は、石鹸と水で手を洗ったり、アルコール製剤による手指のクリーナーを使用しましょう。

<咳エチケット>
・咳やくしゃみをするときには、医療用マスク、ティッシュペーパー、(服の)袖、または曲げた肘で口と鼻を覆いましょう。その直後に、蓋を閉じることの出来る容器に使用されたティッシュペーパーを捨てましょう。気道分泌物との接触後には、手指衛生を行いましょう。

県民の皆様へ

医療機関の皆様へ

 鳥インフルエンザ(H7N9)が平成25年5月6日から指定感染症に指定され、患者の届出基準が定められました。
 次の要件に該当する患者を診察した場合の保健所への情報提供について御協力をお願いします。

(情報提供を求める患者の要件)
 (1)38度以上の発熱と急性呼吸器症状があり、
 (2)症状や所見、渡航歴、接触歴等から、
 (3)鳥インフルエンザA(H7N9)が疑われる場合。
 (4)ただし、他の感染症又は他の病因が明らかな場合は除きます。

 「医師の届出基準」及び「届出様式」の詳細は下記のとおりです。
鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルス感染症に対する院内感染対策について
(国立感染症研究所感染症疫学センターのホームページ)

関連情報


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください