ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

大分県の肝炎対策

印刷用ページを表示する掲載日:2018年10月10日更新

 B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスは血液等により感染するため、歯ブラシやカミソリなどの血液が付着するようなものを他人と共有しない等の注意は必要です。
 しかし、くしゃみ、せき、握手、入浴、食器の共有等の日常生活で感染することはありませんので、B型肝炎やC型肝炎の患者さんや感染者(キャリア)の方を避けたり、偏見の目を持って接することは間違いです。

 県民の皆さま一人一人が、病気について正しく理解をしていただくとともに、自身の感染状況を把握していただけると幸いです。

肝臓の働きと病気について紹介しています。
 肝臓の働きと病気について

無料で肝炎ウイルス検査を受けることができます。
 肝炎ウイルス検査について

B型・C型肝炎ウイルス検査陽性者が受ける初回精密検査費用及び、肝炎ウイルスの感染を原因とする慢性肝炎、肝硬変、肝がんの方の定期検査費用(治療後の経過観察を含む)を助成しています。
 ウイルス性肝炎患者等の重症化予防事業について

B型及びC型ウイルス性肝炎のインターフェロン治療、B型ウイルス性肝炎の核酸アナログ製剤治療を受けられる方を対象に、医療費を助成しています。
 肝炎治療費の助成について

B型及びC型肝炎ウイルスに起因する肝がん又は重度肝硬変(非代償性肝硬変)の入院医療に対して医療費が助成されます。
 肝がん・重度肝硬変医療費助成について


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください