ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 健康づくり支援課 > 難病の患者に対する医療等に関する法律に伴う指定医療機関及び指定医について

難病の患者に対する医療等に関する法律に伴う指定医療機関及び指定医について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月5日更新
指定医療機関及び指定医の指定状況は、以下のとおりです。

1 指定医療機関及び指定医指定状況

 難病の患者に対する医療等に関する法律に伴う指定医療機関の指定を受けようとする医療機関の開設者は、「指定医療機関について」を参照のうえ、下記様式により申請してください。また、指定医療機関の有効期間は、指定の日から6年間です。更新申請する場合は、下記様式により有効期限となる日の1ヶ月前までに申請してください。

2 指定医療機関の指定申請等について

 指定申請書に記載した事項の変更、医療機関の休止・廃止・再開などについては、下記様式により届出してください。

3 指定医の指定申請等について

 指定医の指定を受けようとする医師は、「指定医について」を参照のうえ、下記様式により申請してください。また、指定医の有効期間は、指定の日から5年間です。更新申請する場合は、下記様式により有効期限となる日の1ヶ月前までに申請してください。
 指定申請書に記載した事項に変更がある場合もしくは辞退する場合は、下記様式により届出してください。

4 申請書等の提出先について

大分県福祉保健部健康づくり支援課まで申請書等を作成のうえ郵送で提出してください。
   送付先 〒870-8501 大分市大手町3-1-1
                 大分県福祉保健部健康づくり支援課あて

5 参考資料

関連情報(診断基準及び重症度分類及び臨床調査個人票(申請用診断書)等は、下記ホームページに掲載されています。)

指定難病の支給認定申請に添付する診断書(臨床調査個人票)は、都道府県知事が指定する指定医しか作成することができません。また、特定医療費(指定難病)の受給者は、都道府県知事等が指定する指定難病疾病医療機関で医療を受けたときのみ、医療費助成の対象となります。

シンフロについてはここをクリックしてください