ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 健康づくり支援課 > 大分県がん患者社会参加応援事業(ウィッグ等の購入費助成)について

大分県がん患者社会参加応援事業(ウィッグ等の購入費助成)について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月26日更新

大分県がん患者社会参加応援事業(ウィッグ等の購入費助成)について

制度の概要

大分県では、がん患者さんの治療と就労、社会参加等との両立を応援し、よりよい療養生活になるように、がん治療により脱毛した場合の医療用ウィッグや、乳房切除された場合の乳房補整具等の購入費用の一部を助成します。

案内チラシ [PDFファイル/234KB]

助成の対象となる方

次の(1)~(3)の要件のすべてに該当する方が対象となります。

(1)申請時に大分県内に住所を有している方
(2)がんと診断され、がんの治療(薬物療法、放射線治療、手術等)を受けた方または現在受けている方
(3)がんの治療に伴う外見の変化により、治療と就労、社会参加等の両立に支障が生じる、または生じるおそれのある方

助成の対象となる補整具

助成の対象となるのは、令和2年4月1日以降に購入した下記の補整具です。

(1)医療用ウィッグ(全頭用)
  ※装着に必要な頭皮保護用のネットを含みます。
  ※部分的なかつらや部分的に毛髪がついた帽子などは対象外です。
(2)乳房補整具(補整下着、人工乳房等)
(3)乳がん用バスタイムカバー(温泉入浴着)

助成額及び回数

助成額:上記補整具の購入費(本体価格+消費税)の2分の1(千円未満切り捨て) 
※上限2万円
※購入の際に要した送料や振込手数料は対象外です。 

回数:助成対象者1人につき1回限り 
※購入数や補整具の種類を問いませんので、複数購入したものをまとめて申請することもできます。
※1人1回限りの助成となりますので、本事業の助成を1回受けた方は、再度の助成は受けられません。

申請に必要な書類

(1)大分県がん患者社会参加応援事業助成金交付申請書並びに実績報告書(第1号様式) [PDFファイル/72KB]

(2)補助対象補整具の購入に係る領収書等(コピー可)
※購入日、品名(助成対象品であることがわかる記載)、金額、購入者氏名が確認できるもの。

(3)がんの治療(薬物療法、放射線治療、手術等)を受けたまたは現在受けていることが分かる書類(コピー可)

  (例:診断書、治療方針計画書、がん治療の内容がわかる説明書等)

  <必要記載項目>
    (1)氏名
    (2)治療を行った
医療機関名
    (3)日付(治療時期)

    (4)医療用ウィッグは「脱毛の副作用を伴う治療」(抗がん剤名等)が分かる記載、
      乳房補整具、バスタイムカバーは「乳房の切除を伴う治療」が分かる記載   
  

  (4)住民票
※マイナンバーの記載がなく、申請時に大分県内の居住が確認できる、発行から概ね3か月以内のものに限ります。
※助成対象者が未成年である場合は、助成対象者に加え、申請者の続柄がわかるものが必要です。

(5)金融機関の通帳の写し(名義人、口座番号、支店名のわかるページ) 

(6)委任状 [PDFファイル/30KB](助成対象者以外の方が申請する場合のみ)
※助成対象者が未成年で、保護者が申請する場合は委任状は必要ありません。

(7)がん患者社会参加応援事業の申請のためのチェックシート [PDFファイル/72KB]                          

     ※場合によっては、その他の提出書類をお願いすることがあります。

申請期限

購入した日の属する年度の3月末日(必着)までです。

ただし、3月中に購入した場合に限り、翌年度の4月末日(必着)まで申請を行うことができます。
※末日が休日の場合は、その直前の開庁日までとなります。

助成決定・支給

申請受付後、内容を審査し、文書で助成決定及び助成金額を通知します。
助成を決定した場合は、申請者の指定する口座へ助成金を振り込みます。

※書類に不備がある場合は助成金を支給できないことがありますので、ご注意ください。

※助成金を支給できない場合は、文書でその理由を付して通知します。

医療用ウィッグ等の購入費助成に関するQ&A

申請先・お問い合わせ先

郵送で下記の宛先に申請してください。
※特定記録や簡易書留を利用して送付をお願いします。(郵送料は申請者のご負担となります。)

〒870-8501
大分市大手町3丁目1番1号

大分県福祉保健部 健康づくり支援課
がん・難病対策班
電話:097-506-2674


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください