ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 障害者社会参加推進室 > 遠隔手話通訳サービスについて

遠隔手話通訳サービスについて

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月1日更新

遠隔手話通訳サービスについて

  大分県では、これまで個人のスマートフォン等から利用できる遠隔手話通訳サービスを提供してきました。
  新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、手話通訳者と聴覚障がい者の濃厚接触機会を減少させるとともに、有事の際の聴覚障がい者の情報保障の手段として、遠隔手話通訳が着目されています。
  このたび、県でも、新たにスマートフォン等をお持ちでない方にも遠隔手話通訳サービスを利用いただけるよう、貸出用のタブレット端末(12台)を配備しました(従来通り、利用者個人のスマートフォン等からもご利用いただけます)。
  病院での診察時や各種窓口での手続等、多様な場面でご利用いただけますので、お気軽にご利用ください。

遠隔手話通訳サービスとは

  スマートフォンやタブレット端末を用いて、テレビ電話(Skype)を使用し、(社福)聴覚障害者協会に常駐する手話通訳者が遠隔地で手話通訳を行うサービスです。
  通常の手話通訳と異なり、手話通訳者と聴覚障がい者が対面する必要がないため、場所と時間を選ばずに、迅速な手話通訳サービスの提供ができます。
  また、感染症や災害等により、手話通訳者の派遣が困難な状況においても、手話通訳サービスを提供することができます。
遠隔イメージ

サービスの利用方法について

○利用対象者
 県内在住または県内で手話通訳を必要とする聴覚障がい者

○利用時間
 8時30分から17時00分まで(年中無休)

○実施期間
 令和2年6月1日~令和3年3月31日(予定)

○利用料
 無料(ただし、個人のスマートフォンでの利用の場合は、通信費は自己負担となります)

○利用申込方法
 別添の募集チラシ内またはWord・PDFファイルの「遠隔手話利用申請所 兼 タブレット端末貸出申請書」に、下記必要事項1~5を記入のうえ、(社福)大分県聴覚障害者協会(Fax:097-556-0556またはE-mail:info@toyonokuni.jp)まで提出ください。
なお、必要事項が記載されていれば、任意の様式でも構いません。

 1.お名前
 2.お住まいの市町村
 3.連絡先(Faxまたはメール)
 4.障がいの種別
 5.ご自分のスマホ等で利用か または 貸出タブレットで利用か

サービスに関するお問い合わせ先

サービス利用に係る不明点等がありましたら、以下までお問い合わせください。

○社会福祉法人 大分県聴覚障害者協会
 〒870-0907 大分市大津町1丁目9番5号
 TEL:097-551-2151
 FAX:097-556-0556
 E-mail:info@toyonokuni.jp

※本事業は、大分県が委託し、社会福祉法人 大分県聴覚障害者協会が実施する事業です。

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください