ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 障害者社会参加推進室 > 2019年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」作品募集

2019年度「心の輪を広げる体験作文」「障害者週間のポスター」作品募集

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月27日更新
 毎年、12月3日から9日までは「障害者週間」です。「障害者週間」は、障がいのある人があらゆる分野の活動に参加することを促進するために「障害者基本法」により設けられているものです。
 内閣府では、障がいや障がいのある人に対する関心や理解を深めるための取組の一つとして、都道府県等と共催で、「心の輪を広げる体験作文」と「障害者週間ポスター」の作品を募集しています。
 障がいのあるなしにかかわらず、人格と個性を尊重しあう「共生社会」を実現するため、障がいや障がいのある人に対する身近な体験や自分の思いを作文や絵にして応募してみませんか。皆さんからの積極的なご応募をお待ちしています。
 

心の輪を広げる体験作文

募集テーマ

出会い、ふれあい、心の輪
~ 障がいのある人とない人との心のふれあい体験を広げよう ~
※応募する作品の題名は、自由につけることができます。

応募資格

小学生以上
※小学生以上であれば、障がいの有無にかかわらずとなたでも応募できます。

応募方法

(1)応募は「小学生区分」「中学生区分」「高校生区分」及び「一般区分」のいずれかとし、未発表の作品1編に限ります。
(2)作文の内容は、障がいのある人とない人との心のふれあいの体験をつづったものとします。
(3)作文は、原則として400字詰原稿用紙(B4判縦書き)を使用し、「小学生区分」「中学生区分」については、2~4枚程度、「高校生区分」「一般区分」については、4~6枚程度とします。
(4)応募用紙と応募作品を応募先に郵送でお送りください。

障害者週間ポスター

募集テーマ

障がいの有無にかかわらず誰もが能力を発揮して安全に安心して生活できる社会の実現

※応募する作品の題名は自由につけることができます。

応募資格

小学生及び中学生

※小学生及び中学生であれば、障がいのあるなしにかかわらずどなたでも応募できます。

応募方法

(1)応募は、「小学生区分」及び「中学生区分」のいずれかとし、未発表の作品1点に限ります。
(2)ポスターの内容は、障がいのある人に対する理解促進に役立てるものとし、障がいのある人とない人の相互理解・交流等を表現したものとします。
(3)ポスターの規格は、画用紙のB3判(横364mm×縦515mm)またはいわゆる四つ切り(横382mm×縦542mm)を使用し、これに満たない作品は、B3判または四つ切りの大きさの台紙に張付してください。なお、作品は縦位置(縦長)のみとします。彩色画材は、自由です。
(4)応募用紙と応募作品を応募先に郵送してください。
※既に公表されている作品や写真等は、資料として使用しないでください。

その他

最優秀賞に選定した作品1点は、内閣府が作成する「障害者週間」の広報用ポスターの原画として使用する予定です。

募集期間

令和元年7月1日(月曜日)~9月13日(金曜日)(必着)

応募先

〒870-8501
 大分市大手町3丁目1番1号

 大分県福祉保健部障害者社会参加推進室内

 「2019年度心の輪を広げる体験作文/障害者週間ポスター作品募集」係

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください