ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > こども未来課 > <認可外>新型コロナウイルス感染症の影響による認可外保育施設の保育料の補助について

<認可外>新型コロナウイルス感染症の影響による認可外保育施設の保育料の補助について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月7日更新

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、認可外保育施設(企業主導型保育施設および居宅訪問型保育事業を除く)の登園を自粛した保護者または休園した認可外保育施設の負担軽減のため、保護者または認可外保育施設に対し補助金を交付します。

1.補助対象者

(1)保護者が補助対象となる場合

次の(1)~(7)のすべてを満たす方

(1)大分市を除く大分県内に住所を有している方

(2)認可外保育施設(企業主導型保育施設及び居宅訪問型保育事業を除く)の休園または自粛により児童が登園をしなかった日がある方

(3)認可外保育施設から保育料の減免(減額)を受けていない、もしくは、認可外保育施設から保育料を減免(減額)されているが、その額が県の補助基準額より少ない方

(4)認可保育所や認定こども園、幼稚園、地域型保育事業に通っていない方

(5)認可外保育施設に保育料を支払っている方

(6)施設等利用給付(幼児教育の無償化)を受けていない方

(7)大分にこにこ保育支援事業の補助対象者でない方

※大分にこにこ保育支援事業の補助対象者とは・・・住民票上の住所が、中津市・佐伯市・臼杵市・竹田市・国東市・日出町に有り、3歳未満の第2子以降の保育料が減免される保護者。

(2)認可外保育施設が補助対象者となる場合

次の(1)~(4)のすべてを満たす施設

(1)児童福祉法第59条の2第1項の規定による届出を行っている認可外保育施設(企業主導型保育施設及び居宅訪問型保育事業を除く)であること。

(2)令和2年4月18日から5月31日までの期間に、児童が登園を自粛した日数または施設を休園した日数に係る保育料について、保護者に対して減免(減額)を行っていること。

(3)国の雇用調整助成金、緊急雇用安定助成金及び持続化給付金等の支給を受けていないことまたは受ける予定がないこと。

(4)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律第2条第6号に規定する暴力団員または同条第2号に規定する暴力団若しくは暴力団員と密接な関係を有していないこと。

2.補助対象期間

令和2年4月18日(土曜日)から5月31日(日曜日)まで

3.補助対象費用

保育料(日用品等の購入費、行事の参加費、食材料費、送迎費等は除く)

4.補助金額

登園自粛または休園をした日数や、認可外保育施設が個別に行った保育料の減額の状況に応じて算定します。
 詳細については、別紙の「保護者用」または「認可外保育施設用」のチラシをご覧ください。

5.提出期限

令和2年8月31日(月曜日)まで

6.提出先

大分県 こども未来課まで 郵送 してください。

 (郵送先) 〒870-8501 大分市大手町3番1番1号 大分県こども未来課 幼児教育・保育班 あて

7.チラシ・提出資料等

(1)保護者用

チラシ [Wordファイル/40KB]

申請書 [Wordファイル/20KB]

請求書 [Wordファイル/20KB]

記入例 [PDFファイル/198KB]

誓約書 [Wordファイル/31KB]

(2)認可外保育施設用

チラシ [Wordファイル/39KB]

申請書 [Wordファイル/26KB]

請求書 [Wordファイル/20KB]

保育料減額証明 [Wordファイル/17KB]

記入例 [PDFファイル/371KB]

誓約書 [Wordファイル/31KB]

8.要領

大分県新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る認可外保育施設保育料緊急支援事業実施要領 [PDFファイル/130KB]


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください