ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 薬務室 > 輸血に関する情報(大分県合同輸血療法委員会)

輸血に関する情報(大分県合同輸血療法委員会)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月22日更新

大分県合同輸血療法委員会

 大分県では、昭和62年から毎年、血液製剤や院内血を含めた輸血療法全般の適正化を推進するため、医療機関の医師等医療従事者を対象に輸血療法適正化説明会を実施しています。

 平成23年12月に、大分県合同輸血療法委員会(以下、「委員会」という。)を発足し、以降、血液製剤使用主要医療機関相互の連携及び全県的な調査、情報共有等を行っています。

大分県合同輸血療法委員会設置要綱

活動内容

  • 委員会の開催  (年1回以上)
  • 合同会議(県内医療機関を対象とした研修会)の開催  (年1回)
  • 輸血療法アドバイザー派遣事業
  • 災害時輸血ネットワークの構築

 

輸血療法アドバイザー派遣事業

    輸血療法アドバイザー派遣事業の専用ページをご覧ください。

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください