ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 医療政策課 > AED(自動体外式除細動器)の設置状況

AED(自動体外式除細動器)の設置状況

印刷用ページを表示する掲載日:2017年6月1日更新
AEDが、より一層有効に使用されるため、地域の住民や救急医療に係わる機関が、予め地域内のAEDの設置場所について知ることは重要です。

県内のAED設置状況

(県関係施設      156施設  208台  H29.6)
(市町村関係施設  1,312施設 1,364台  H29.6)
(国立・民間施設等   639施設  755台  H29.6)              
                            計 2,107施設 2,327台(医療政策課調べ)  
    AED設置状況一覧    [Excelファイル/731KB] [PDFファイル/479KB]                                                 
※ファイルでは、設置施設の住所・電話番号等の詳細情報を掲載!!
★おことわり※施設内の設置場所等が不明である場合は、各施設にお問い合わせください。


お願い!!(AED設置状況の登録) 
 県では、本ホームページにおいて、民間施設での設置状況の登録をお待ちしています。本ホームページでの公開が可能な施設は、以下の様式に記載のうえ、メールまたはFaxにてご連絡ください。また、登録済の民間施設において、AEDの設置をしなくなった場合も、以下のメールまたはFaxにて連絡いただきますようお願いします。

 ♪ 登録条件
 1 施設名、所在地、電話番号、設置台数は必須登録項目となります。
 2 個人宅への設置等は対象外とし、一般県民が利用者、来客、学生等として使用する可能性のある施設を対象とします。
 ・登録用提出用紙  [Excelファイル/28KB]  又は [PDFファイル/40KB] ←こちらからダウンロード

・メール送信先 a12620@pref.oita.lg.jp         ・Fax送信先 097-506-1734

 

AEDとは?

 Automated External Defibrillators の略であり、自動体外式除細動器ともいわれます。
 機種により電源の入れ方、電極パッドのケーブル接続の有無等異なる場合もありますが、一般的には以下の手順により作動します。(参考:AED製品一覧 [PDFファイル/304KB])  

  (1) AEDの電源を入れる。
  (2) 電極パッドと呼ばれるシールを傷病者の胸に貼り付ける。
  (3) 電極パッドのケーブルをAED本体に接続する。
  (4) AEDが自動的に心電図を解析する。
  (5) (AEDからの音声による指示があった場合)除細動を行う。


 使用者に心電図・不整脈について等の医学的知識がなくても、AED本体が自動的に除細動が必要かどうかを判断し、音声による指示があります。使用者はAEDが除細動が必要と判断した場合のみ、(除細動ボタンを押すことで)除細動を実行することができます。

救命のために

 心臓は規則的に動くことで、全身に血液を送っています。この心臓が停止すると、4分以内に脳に障害が発生するといわれています。心肺蘇生法は、呼吸と血液を循環を補助し、この障害の発生を遅らせる効果があります。
 そして、AEDは、心臓がケイレンを起こしたような状態(心室細動)になったとき、心臓を正常なリズムに戻すのに、非常に有効な機器です。
 心室細動になってから、1分ごとに助かる可能性が7~10%づつ低下するといわれていますので、心肺蘇生法と除細動(AED)をより早く行うことが必要です。

 ! 意識障害、呼吸停止、心停止等の陥った傷病者を救命するためには、気道確保・人工呼吸・心臓マッサージといった心肺蘇生法のなかで、AEDを使用することが重要です

 日本赤十字社・消防本部では心肺蘇生法・AEDの講習を実施しています。講習を受講して、救命処置を習得してください。

  ☞日本赤十字社はこちら

  ☞大分県内の消防本部はこちら

大分市消防局(大分市役所)別府市消防本部中津市消防本部(中津市役所)佐伯市消防本部(佐伯市役所)臼杵市消防本部(臼杵市役所)津久見市消防本部(津久見市役所)竹田市消防本部
豊後高田市消防本部宇佐市消防本部(宇佐市役所)豊後大野市消防本部由布市消防本部(由布市役所)国東市消防本部日田玖珠広域消防組合消防本部杵築速見消防組合消防本部

一般の方が使用できる根拠

 平成16年7月の厚生労働省通知により、非医療従事者(一般県民)がAEDを使用できるようになりました。・・・「非医療従事者による自動体外式除細動器(AED)の使用について」(平成16年7月1日付け医政発第0701001号)

AEDの適切な管理について

 緊急時に、AEDを正常に使えるように、日頃からAEDの点検をお願いします。
 日常点検その1   インジケータの確認 (インジケータとはAEDの状態を確認するためのランプや画面です。)
 日常点検その2   電極パッドやバッテリの交換
 AEDの電極バッドやバッテリには、使用期限や寿命があります。交換時期を表示ラベルで把握し、適切に交換しましょう。

 (参考) 自動体外式除細動器(AED)の適切な管理等の実施について 
      (H21.4.16 厚生労働省 報道発表資料 H22.5.7更新) 
     


シンフロについてはここをクリックしてください