ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

つつが虫病 病原体の血清型

印刷用ページを表示する掲載日:2010年9月21日更新

 病原体はOrientia tsutsugamushi で、リケッチアの1種です。患者の血液中にある病原体の遺伝子を調べたところ、
大分県ではKuroki型とKawasaki型、Karp型のOrientia tsutsugamushi があることが分かりました。Kuroki型と
Kawasaki型はタテツツガムシが媒介するといわれるリケッチアで、Karp型はフトゲツツガムシが媒介するといわれる
リケッチアです。血清型の割合から推定すると、大分県ではタテツツガムシに刺されて感染するヒトが多いようです。
 
病原体の血清型グラフ
   
  
つつが虫病について 目次に戻る


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください