ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 大分県消費生活・男女共同参画プラザ > 薬物やアルコールなどを使用した性犯罪・性暴力って?

薬物やアルコールなどを使用した性犯罪・性暴力って?

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月1日更新

内閣府は、薬物やアルコールなどを使用した性犯罪・性暴力の危険性を周知するホームページを開設しています。

睡眠薬などのクスリを飲み物や食べ物に混ぜて、相手の意識をもうろうとさせ、抵抗できない状況にして、セックスをするなどの性暴力の被害が起きています。

性暴力は、心も身体も深く傷つける許されない行為です。決して被害にあった方が、悪いのではありません。

しかし、被害にあうリスクを少なくするために、どんな被害が起きているかを知っておくことも大切です。

家族や友人など周りの方にも、知らせてあげてください。

詳細は、下記内閣府ホームページをご覧ください。

◎ひとりで悩まず相談してください! 

  「おおいた性暴力救援センター・すみれ」  

  大分県が開設した性暴力被害者を支援するための相談窓口です。

  電話:097-532-0330

  相談時間:月~金 9時00分~20時00分 (祝日、年末年始は除く)


国文祭についてはここをクリックしてください