ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 大分県消費生活・男女共同参画プラザ > DV(ドメスティック・バイオレンス)相談について

DV(ドメスティック・バイオレンス)相談について

印刷用ページを表示する掲載日:2020年5月1日更新
新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛や休業などが行われている中、生活不安・ストレスにより、配偶者等からの暴力(DV)の増加や深刻化が懸念されております。
DV(ドメスティック・バイオレンス)には、身体的暴力(殴る、蹴る)だけでなく、精神的暴力(無視する、暴言を吐く)、性的暴力(避妊に協力しない)、経済的暴力(生活費を渡さない、借金の強要)、社会的暴力(外出を制限する、交友関係やスマホを細かくチェックする)などがあり、パートナーのどちらかが一方的に振るう暴力です。
DVは重大な人権侵害です。ひとりで悩まず、相談してください。
大分県の相談窓口はこちらです。
また、国(内閣府)も相談窓口を設置しています。
 ・24時間対応の電話相談
 ・SNSや電子メールを活用した相談
 ・外国語による相談

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください