ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 大分県消費生活・男女共同参画プラザ > 食品による子供の窒息事故に御注意ください!

食品による子供の窒息事故に御注意ください!

印刷用ページを表示する掲載日:2017年3月17日更新

消費者庁が、厚生労働省「人口動態調査」の調査票情報を入手・分析したところ、平成22年

から平成26年までの5年間で、子供(14 歳以下)の窒息死事故623件のうち、食品による

窒息死事故は約17%(103件)を占めており、食品が、子供の窒息死事故を引き起こす

大きな原因の一つであることが分かりました。また、食品による窒息死事故103件のうち、

87件が6歳以下の子供で発生していることが確認されました。

食品による窒息事故を防止するためには、まず「食品を小さく切り、食べやすい大きさにして、

よく噛んで食べさせる」など子供への食品の与え方に注意が必要です。また、「遊びながら、

歩きながら、寝転んだまま食品を食べさせない」など、食事中に注意を払うことも必要です。

詳細につきましては、下記消費者庁ホームページをご確認ください。


シンフロについてはここをクリックしてください