ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 大分県消費生活・男女共同参画プラザ > 高齢者の消費者トラブル実態調査の結果について

高齢者の消費者トラブル実態調査の結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2014年3月28日更新

 高齢者の皆様の消費生活の安定と向上に向けて、効果的な施策の推進を図るため、高齢者を対象に、消費生活に関する意識や実態を把握する調査を実施しました。

 <報告書>

 調査の主催

 大分県消費生活・男女共同参画プラザ 
 大分県老人福祉施設協議会

 調査の項目

 (1)消費者問題への関心度と意識
 (2)消費生活上のトラブルや不安
 (3)消費者問題に関する情報
 (4)属性等

 調査地域

 大分県全域

 調査対象・数

 大分県老人福祉施設協議会の会員が運営するデイサービス施設(148施設)に通所している単身世帯及び高齢者のみの世帯の利用者    2,000人

 調査方法

 施設に調査票を配付し、ケアマネジャーや相談員等が聞き取りにより実施した後、調査票を県へ郵送する

 調査実施時期

 平成25年10月7日(月)~10月25日(金)

 回収の結果

 回収数 1,314件(65.7%)

 調査に御協力いただきました皆様に、心からお礼を申し上げます。


国文祭についてはここをクリックしてください