ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > うつくし作戦推進課 > 2020年7月1日 レジ袋有料化スタート!

2020年7月1日 レジ袋有料化スタート!

印刷用ページを表示する掲載日:2020年6月3日更新

2020年7月1日 全国でレジ袋有料化が始まります!

 プラスチックは非常に便利な素材で、あらゆる分野で私たちの生活に貢献していますが、一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ、地球温暖化などの課題もあります。

 このような状況を踏まえ、令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化が始まります。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

 皆さんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、マイバッグを持ち歩く等、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみましょう。

有料化の対象となる買物袋

●消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋

 レジ袋と言うと、スーパーやコンビニなどでもらう袋をイメージしますが、百貨店や衣料品などを購入したときにもらうプラスチック製の袋も対象になります。
 なお、プラスチック製買物袋の価格については、各事業者が設定します。

有料化の対象外となる買物袋

 環境性能が認められる以下3点のプラスチック製買物袋は、有料化が省令で義務付けられているわけではありませんが、環境価値に応じた価値づけ等を進めていくことが重要とされています。

・プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル(0.05ミリメートル)以上のもの
・海洋生分解性プラスチックの配合率が100%のもの
・バイオマス素材の配合率が25%以上のもの

問い合わせ・相談窓口(経済産業省・環境省)

消費者向け:0570-080180

事業者向け:0570-000930

 受付時間:9時~18時15分(土・日・祝日を除く)

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください