ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 自然保護推進室 > 祖母・傾・大崩山系のユネスコエコパーク登録を目指しています

祖母・傾・大崩山系のユネスコエコパーク登録を目指しています

印刷用ページを表示する掲載日:2017年2月1日更新

   大分県と宮崎県では、祖母・傾・大崩山系(そぼ・かたむき・おおくえさんけい)の貴重な原生林、ニホンカモシカ等の希少な動植物など、豊かな自然環境を活かした地域の振興を目的として、大分県佐伯市、竹田市、豊後大野市及び宮崎県延岡市、高千穂町、日之影町と共に、ユネスコエコパークの申請・登録に向けた取組を進めています。

1 ユネスコエコパークとは

  生態系の保全と持続可能な利活用の調和(自然と人間社会の共生)を目的として、1976年(昭和51年)にユネスコが開始した制度です。ユネスコエコパークとして登録された地域は、地域の豊かな生態系や生物多様性を保全し、自然に学びつつ、文化的にも経済・社会的にも持続可能な発展を目指す地域モデルとして、国際的にも注目されています。

 2016年(平成28年)3月現在の登録件数は120カ国669地域となっており、国内では7カ所(志賀高原、白山、大台ケ原・大峯山・大杉谷、屋久島・口之永良部島、綾、只見、南アルプス)が登録されています。 

※「ユネスコエコパーク」とは国内通称で、海外では「Biosphere Reserves(生物圏保存地域)」と呼ばれています。

ユネスコエコパークのしくみ

 ユネスコエコパークでは、「生物多様性を保全する機能」、「学術的研究を支援する機能」、「経済と社会の発展」という3つの機能を果たすため、「核心地域」、「緩衝地域」、「移行地域」の3つの区域を設定することとなっています。

  ・核心地域 ~ 自然環境を厳格に保護する地域 
  ・緩衝地域 ~ 核心地域のバッファーとなる地域
  ・移行地域 ~ 居住区であり、地域社会や経済の発展が図られる地域

 参考 日本ユネスコ国内委員会HP

登録により期待される効果

 ・国内外への情報発信力の強化による「地域活性化」

 ・世界基準の認定による「ブランド価値の向上」

 ・「環境教育、研究の拠点」としての活用      など

2  祖母・傾・大崩地域の特徴

祖母・傾・大崩地域の自然的特徴

 祖母・傾・大崩山系は、九州最高峰級の山々が連なり、急峻な山岳地形と美しい渓谷など独特な景観美で知られています。

 暖温帯から冷温帯までが垂直的に存在する日本列島の主要な気候が凝縮された地域であり、照葉樹林から夏緑樹林までの日本列島の幅広い植生と豊かな動植物相の有り様を、祖母・傾・大崩山系という限られた地域で見ることができる貴重な地域です。

 原生的な天然林が相当数まとまって存在し、アカガシ、ツガ、ブナ、ヒメコマツなどの森林の典型的な垂直分布が見られます。また、ニホンカモシカ、キレンゲショウマなど、数多くの希少な動植物が生息・生育しています。

 一帯は祖母傾国定公園に指定され、一部は森林生態系保護地域となっています。

天狗岩から見た祖母山冬の傾山祖母傾山系藤河内渓谷神原渓谷アケボノツツジニホンカモシカキレンゲショウマ

祖母・傾・大崩地域における人と自然との共生

 祖母・傾・大崩山系周辺の地域は、古くから森や水の恵みを活かし、県内有数の農林業地帯へと発展してきました。また、祖母山信仰や、神楽に代表される土地固有の多彩な民俗芸能が継承されており、地域全体に自然への深い畏敬の念が根付いています。

 地域の方々を中心とする環境保全活動や自然環境調査活動が活発に行われており、その成果は住民への啓発や次世代育成、調査研究に活用されています。

祖母山頂の祠健男霜凝日子神社御嶽流夜神楽宮砥神楽宇目・北川の子ども環境調査豊後大野市自然史友の会の活動祖母傾地域の農産品林業(植付け)

3 推進体制

 大分県、宮崎県それぞれに推進協議会を設置するとともに、両県連携の推進組織として「祖母傾ユネスコエコパーク大分・宮崎推進協議会」を設置し、ユネスコエコパーク推進に努めています。

大分県祖母傾ユネスコエコパーク推進協議会(大分県側)

 学識経験者、地元関係者、関係機関から構成 

    第1回推進協議会 平成26年2月20日 

    第2回推進協議会 平成26年5月22日 

    第3回推進協議会 平成26年8月21日

    第4回推進協議会 平成27年1月28日

    第5回推進協議会 平成27年5月20日

    第6回推進協議会 平成27年8月 5日

    第7回推進協議会 平成28年2月 5日

    第8回推進協議会 平成28年4月21日

    第9回推進協議会 平成28年7月20日

   第10回推進協議会 平成29年1月24日

祖母傾ユネスコエコパーク大分・宮崎推進協議会

 両県推進協議会会長、関係6市町(佐伯市、竹田市、豊後大野市、延岡市、高千穂町、日之影町)、大分県、宮崎県、大分森林管理署、宮崎北部森林管理署で構成

    第1回大分・宮崎推進協議会 平成27年2月 4日(大分県佐伯市にて開催)

    第2回大分・宮崎推進協議会 平成27年8月21日(宮崎県延岡市にて開催)

    第3回大分・宮崎推進協議会 平成28年2月22日(大分県佐伯市にて開催)

    第4回大分・宮崎推進協議会 平成28年7月28日(宮崎県延岡市にて開催)


シンフロについてはここをクリックしてください