ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 自然保護推進室 > ツマアカスズメバチに対する緊急調査の結果について

ツマアカスズメバチに対する緊急調査の結果について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年12月20日更新

ツマアカスズメバチに対する緊急調査の結果について

 外来生物法に基づき特定外来生物に指定されているツマアカスズメバチが平成30年10月11日に大分市で初めて確認されたことを受け、県では環境省と連携し、生息状況等緊急調査を実施しました。
 調査の結果、ツマアカスズメバチの新たな巣や個体は確認されませんでしたので、お知らせします。
ツマアカスズメバチ

1 大分市におけるツマアカスズメバチの初確認の経緯

 平成30年10月9日に大分市明野地区の私有地においてスズメバチの巣が発見され、10月9日に駆除されました。専門家による種の同定の結果、10月11日に同スズメバチがツマアカスズメバチであることが確認されました。

2 生息状況調査の概要

 平成30年10月27日から11月30 日にかけ、営巣確認地点の周辺及び国際航路のある大分港大在コンテナターミナルの周辺を中心に、公園や緑地、樹林地等、ツマアカスズメバチの営巣の可能性がある場所に約500個のトラップを2回設置しました。また、同期間中、同様の範囲において巣の探索調査をあわせて行いました。これらの調査の結果、ツマアカスズメバチの新たな巣や個体は確認されませんでした。

3 駆除された巣の状況

 10月9日に駆除された巣を解体して分析したところ、巣内で多数の幼虫、蛹、成虫が確認されましたが、巣が成長していく段階にあり、繁殖にかかわる新女王バチが生まれる段階には至っていなかったと考えられます。このことから、繁殖にかかわる新女王バチがこの巣から周囲に分散した可能性は低いとみられます。

4 今後の対応

 ツマアカスズメバチは、高い繁殖力と分布拡大能力から、一旦定着すれば根絶することは困難となるため、侵入状況を監視し、早期発見、早期駆除することで定着前に根絶を図ることが極めて重要です。平成31年度においても、引き続き環境省をはじめ関係機関と連携しながら営巣確認地点周辺におけるツマアカスズメバチのモニタリングを行うとともに、巣や個体が確認された場合には速やかに駆除を行う予定です。

5 住民の皆様へ

 ツマアカスズメバチは生態系等に悪影響を及ぼすため、侵入に警戒する必要があります。早期発見、早期駆除のため、大分県内においてツマアカスズメバチと疑われる個体や巣を確認された場合は、大分県自然保護推進室、大分市環境対策課、又は九州地方環境事務所までご連絡いただき、情報提供に御協力のほどよろしくお願いします。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください