ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 環境保全課 > 平成30年度 海水浴場水質調査(開設前)について

平成30年度 海水浴場水質調査(開設前)について

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月31日更新

平成30年度水浴場水質調査(開設前)の結果について

 県では、年間利用者数がおおむね1万人以上等の5水浴場について、水質調査を実施しました。
 開設前の水質については、5ヶ所すべてで「水質AA」の判定でした。
 また、海水中の放射性物質濃度についてはいずれも不検出であり、砂浜における空間放射線量率は、大分県内の、通常の検出範囲内でした。詳細については以下のとおりです。

調査概要

1 調査対象水浴場
  住吉浜リゾートパーク海水浴場、奈多海水浴場、糸ヶ浜海水浴場、黒島海水浴場、瀬会海水浴場

2 調査日
 【開設前】 平成30年5月16日

3 水質調査項目
  ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量(以下CODという。)、透明度 等

4 放射性物質に関する項目
  海水中の放射性物質濃度、砂浜の空間放射線量率

水質判定基準

判定は、下表に基づいて以下のとおりとする。
1 ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、CODまたは透明度のいずれかの項目が「不適」であるものを「不適」な水浴場とする。
2 「不適」でない水浴場について、ふん便性大腸菌群数、油膜の有無、COD及び透明度によって、「水質AA」、「水質A」、「水質B」あるいは「水質C」を判定し、「水質AA」及び「水質A」であるものを「適」、「水質B」及び「水質C」であるものを「可」とする。
なお、
 (1) 各項目のすべてが「水質AA」である水浴場を「水質AA」
 (2) 各項目のすべてが「水質A」以上である水浴場を「水質A」
 (3) 各項目のすべてが「水質B」以上である水浴場を「水質B」
 (4) これら以外のものを「水質C」
とする。
水浴場の水質判定基準

区分

ふん便性大腸菌群数

油膜の有無

COD

透明度

水質AA

不検出(検出下限2個/100mL)

  油膜が認められない

   2mg/L以下

    全透(1m以上)

水質A

100個/100mL以下

  油膜が認められない

   2mg/L以下

    全透(1m以上)

水質B

400個/100mL以下

  常時は油膜が認められない

   5mg/L以下

    1m未満~50cm以上

水質C

1,000個/100mL以下

  常時は油膜が認められない

   8mg/L以下

    1m未満~50cm以上

不適

1,000個/100mLを越えるもの

  常時油膜が認められる

   8mg/L超

    50cm未満

 ※ 判定は、同一海水浴場に関して得た測定値の平均値による。
    「不検出」とは、平均値が検出下限未満のことをいう。

水質調査結果

水浴場水質測定結果(集計値)は以下の表のとおり、5箇所で「適 水質AA」でした。

水浴場名所在市町調査時期判定ふん便性
大腸菌群数
(個/100Ml)
油膜の有無COD(mg/L)透明度
住吉浜リゾートパーク海水浴場杵築市

開設前
5月16日

不検出なし1.61m以上
水質AA
奈多海水浴場杵築市

開設前
5月16日

不検出なし1.61m以上
水質AA
糸ヶ浜海水浴場日出町

開設前
5月16日

不検出なし1.81m以上

水質AA

黒島海水浴場臼杵市

開設前
5月16日

不検出なし1.61m以上
水質AA
瀬会海水浴場佐伯市

開設前
5月16日

不検出なし1.51m以上
水質AA

海水に含まれる放射性物質の測定結果

調査した海水浴場のいずれにおいても、放射性セシウム、放射性ヨウ素は検出されませんでした。

海水浴場名市町村名採水日

海水中の放射性物質濃度

セシウム134セシウム137ヨウ素131
住吉浜杵築市5月16日不検出不検出不検出
奈多杵築市5月16日不検出不検出不検出
糸ヶ浜日出町5月16日不検出不検出不検出
黒島臼杵市5月16日不検出不検出不検出
瀬会佐伯市5月16日不検出不検出不検出
  海水中の放射性物質濃度 検出下限値0.31Bq/L未満0.40Bq/L未満0.38Bq/L未満
参考 水浴場の放射性物質に係る水質の目安10Bq/L(Cs134とCs137の合計)設定なし※

 ※ 平成23年度の暫定値では、ヨウ素131の目安は 30Bq/L未満であったが、半減期が約8日と短いことから
    平成24年6月8日に示された新しい指針では、目安の設定は無くなった。

砂浜の空間放射線量率(放射線量)の測定結果

砂浜における空間放射線量率は0.025~0.051(マイクロシーベルト/時)であり、大分県内における過去最大値0.110(マイクロシーベルト/時)を超える測定値はありませんでした。
 また、県内に設置されたモニタリングポストと同程度の放射線量であることから、健康には影響が無いと考えられます。 
海水浴場名市町村名測定日

砂浜の空間放射線量率(単位:μSv/hr)

地上1cm地上50cm地上1m
住吉浜杵築市5月16日0.0410.0430.045
奈多杵築市5月16日0.0510.0370.039
糸ヶ浜日出町5月16日0.0250.0270.029
黒島臼杵市5月16日0.0290.0250.025
瀬会佐伯市5月16日0.0500.0400.040
 <参考>

平成30年4月16日~平成30年5月16日における県内モニタリングポストの
空間放射線量率測定値 (単位:μSv/hr)

 最小値平均値最大値
国東市0.036 0.0390.066
大分市佐賀関0.0440.0460.087
大分市高江0.0490.0510.077
佐伯市0.0460.0510.080
日田市0.0350.0380.066

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください