ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 環境保全課 > 大気汚染防止法施行規則が改正されました。

大気汚染防止法施行規則が改正されました。

印刷用ページを表示する掲載日:2013年3月27日更新

1.  大気汚染防止法施行規則の改正について

 平成25年3月6日付けで大気汚染防止法施行規則が改正され、同日から施行されました。
主な改正点は、以下のとおりです。

(1) 揮発性有機化合物の濃度測定回数について(大気汚染防止法施行規則第15条の3号) 

 揮発性有機化合物(以下「VOC」という。) 排出施設においては、大気汚染防止法第17条の12の規定によりVOC濃度の測定を行うことが義務付けられていますが、今回の改正により測定回数が年2回以上から、年1回以上に変更されました。

 なお、一年を通して休止し、VOCを大気中に排出していない施設についてはVOC濃度の測定は必要ありません。

 

 詳細は、下記環境省のホームページをご覧ください。
よろしくお願いします。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください