ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 循環社会推進課 > 産業廃棄物処理業(収集運搬・処分)の許可申請

産業廃棄物処理業(収集運搬・処分)の許可申請

印刷用ページを表示する掲載日:2015年4月7日更新

(1)産業廃棄物処理業の許可について

他人から委託を受けて産業廃棄物の収集・運搬または破砕や焼却などの処分を業として行おうとする者は、この業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事(政令市にあっては市長)の許可を受けなければなりません。

なお、運搬のみを業として行う場合には、積載または荷卸しを行う区域を管轄する都道府県知事に限り許可を得ればよく、途中通過する都道府県等についての許可は得る必要はありません。

ただし、政令市域内で積替え保管を行う場合には、その場所を所管する政令市長の許可も必要です。

(1)許可の種類

処理業の許可は、以下の4種類です。


・産業廃棄物収集運搬業許可(積替・保管を含む、含まない)
・産業廃棄物処分業許可
・特別管理産業廃棄物収集運搬業許可(積替・保管を含む、含まない)
・特別管理産業廃棄物処分業許可

なお、処分業には中間処理業(焼却、破砕等)と最終処分業(埋立て、海洋投入)があります。

また、特別管理産業廃棄物とは、産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康または生活環境に係る被害を生ずるおそれがある性状を有するものです。

(2)許可取得後の手続き

(更新許可申請)
許可の有効期間は5年間です。5年に1度更新申請が必要です。
なお、許可には1ヶ月程度時間を要します。申請は30日~60日前までに新規申請を行った保健所に申請してください。

(変更許可申請)
すでに許可を受けている者が、取り扱う産業廃棄物の種類を追加する、収集運搬業において新たに積替保管を行う、処分業において焼却や破砕といった処分方法を変更する場合は、事業範囲の変更許可を受けなければなりません。

(廃止・変更届)
許可を受けた者が、事業の全部または一部を廃止したとき、または住所、役員、車両等の事項を変更した場合は、この変更または廃止の日から10日以内に廃止・変更届出書を保健所に提出する必要があります。

(2)許可申請方法等

(1)受付窓口
 申請者の事務所または事業場の所在地を管轄する保健所。ただし、県外の申請者の場合は大分県内のいずれの保健所でも受付けます。
(注意事項)
 廃棄物対策課では許可申請や変更届は受付けません。

保健所名電話番号住所管轄
東部保健所0977-67-2511〒874-0840 別府市大字鶴見字下田井14-1別府市、杵築市、日出町
東部保健所国東保健部0978-72-1127〒873-0504 国東市国東町安国寺786-1国東市、姫島村
中部保健所0972-62-9171〒875-0041 臼杵市大字臼杵字洲崎72-34 臼杵市、津久見市
中部保健所由布保健部097-582-0660〒879-5421 由布市庄内町柿原337-2由布市
南部保健所0972-22-0562〒876-0844 佐伯市向島1-4-1佐伯市
豊肥保健所0974-22-0162〒879-7131 豊後大野市三重町市場934-2竹田市、豊後大野市
西部保健所0973-23-3133

〒877-0025 日田市田島2-2-5

日田市、玖珠町、九重町
北部保健所0979-22-2210〒871-0024 中津市中央町1-10-42中津市、宇佐市
北部保健所豊後高田保健部0978-22-3165〒879-0621 豊後高田市是永町39豊後高田市

(2)申請方法
 許可申請は、「予約制」としておりますので、上記の受付窓口に電話で予約の上、申請書を直接保健所に持ち込んでください。郵送では受付けません。
ただし、事前の内容確認であれば電話連絡の上、郵送やメールでの送付も差し支えありません。
また、同時に2件以上の申請(例:更新と変更)を行う場合は、予約時にその旨をお申し出ください。
なお、廃止・変更届出書は郵送での提出も受付けています。予約の必要はありません。
(注意事項)
 書類に不備があった場合には修正、書類の追加をお願いします。なお、書類の内容や添付書類の不足等の理由で受付けしない場合もあります。

(3)受付時間
午前8時半から午後5時15分まで

(廃止・変更届は郵送でも受け付けます)

(4)提出部数
 許可申請書及び廃止・変更届出書は2部(廃棄物対策課及び保健所用)、申請者控え1部の計3部が必要となります。なお、住民票の写し等は1部に原本が添付されていれば、残りは写しで差し支えありません。

(5)許可証の交付
 県内の申請者については申請した保健所での交付となりますが、県外の申請者については郵送での受取が可能です。郵送を希望される方は、申請時に返信用封筒(追跡可能な配送方法とし、当該配送方法に足りる切手を貼付したもの)を持参ください。

(3)申請書類様式

 以下の様式をダウンロードして使用してください。 申請書の郵送を希望される場合は、保健所にご連絡ください。
 必要な添付書類の確認や申請書の書き方については、産業廃棄物収集運搬業の様式集(表)の下に「必要書類一覧表」及び「記載例」を掲載していますのでご確認ください。

(1)産業廃棄物収集運搬業

(記載例)
他の業許可についても、産業廃棄物収集運搬業の記載例を参考にしてください。

(2)特別管理産業廃棄物収集運搬業

(3)産業廃棄物処分業

申請の種類

新規許可申請

更新許可申請

変更許可申請

廃止・変更届

申請書または届出書

【様式第八号】 [Wordファイル/91KB]

【様式第十号】 [Wordファイル/90KB]

【様式第十一号】 [Wordファイル/39KB]

添付書類様式

許可申請添付書類一括ダウンロード [Wordファイル/136KB]

事業計画の概要【県様式第六号の1】 [Wordファイル/38KB]

取り扱う産業廃棄物のチェック表(処分業者用) [Wordファイル/43KB]

施設の概要(最終処分場以外)【県様式第六号の2】 [Wordファイル/31KB]

施設の概要(最終処分場)【県様式第六号の3】 [Wordファイル/31KB]

具体的計画、組織概要【県様式第六号の4】 [Wordファイル/32KB]

環境保全措置概要【県様式第六号の5】 [Wordファイル/28KB]

欠格要件非該当誓約書【県様式第七号】 [Wordファイル/38KB]

処分した廃棄物の処分方法【県様式第八号】 [Wordファイル/34KB]

資金計画書【県様式第九号】 [Wordファイル/41KB]

資産に関する調書(個人)【県様式第十号】 [Wordファイル/43KB]

新旧対照表【県様式第五号】 [Wordファイル/28KB]

添付書類については、下の必要書類一覧表を確認し、提出が必要な様式及びその他の書類を提出してください。

(4)特別管理産業廃棄物処分業

申請の種類

新規許可申請

更新許可申請

変更許可申請

廃止・変更届

申請書または届出書

【様式第十四号】 [Wordファイル/89KB]

【様式第十六号】 [Wordファイル/90KB]

【様式第十七号】 [Wordファイル/39KB]

添付書類様式

許可申請添付書類一括ダウンロード [Wordファイル/115KB]

事業計画の概要【県様式第六号の1】 [Wordファイル/38KB]

施設の概要(最終処分場以外)【県様式第六号の2】 [Wordファイル/31KB]

施設の概要(最終処分場)【県様式第六号の3】 [Wordファイル/31KB]

具体的計画、組織概要【県様式第六号の4】 [Wordファイル/32KB]

環境保全措置概要【県様式第六号の5】 [Wordファイル/28KB]

欠格要件非該当誓約書【県様式第七号】 [Wordファイル/38KB]

処分した廃棄物の処分方法【県様式第八号】 [Wordファイル/34KB]

資金計画書【県様式第九号】 [Wordファイル/41KB]

資産に関する調書(個人)【県様式第十号】 [Wordファイル/43KB]

新旧対照表【県様式第五号】 [Wordファイル/28KB]

添付書類については、下の必要書類一覧表を確認し、提出が必要な様式及びその他の書類を提出してください。

(4)申請手数料

申請手数料は以下のとおりです。廃止・変更届には手数料は不要です。

申請の種類

新規許可

更新許可

変更許可

産業廃棄物収集運搬業

81,000円

73,000円

71,000円

特別管理産業廃棄物収集運搬業

81,000円

74,000円

72,000円

産業廃棄物処分業

100,000円

94,000円

92,000円

特別管理産業廃棄物処分業

100,000円

95,000円

95,000円

(5)産業廃棄物処理業の許可申請に関する講習会

 産業廃棄物処理業を的確に行うことができる知識及び技能を有することを証する書類として、(公財)日本産業廃棄物処理振興センターが実施する講習会の修了証の写しの提出が必要です。
 業の許可申請にあっては、修了証の有効期間は新規課程5年、更新課程2年です。計画的に受講しましょう。
 新規許可申請の場合は、新規課程の講習会修了証が必要です。ただし、他自治体で許可を有している場合は更新課程の講習会修了証でも差し支えありません。

シンフロについてはここをクリックしてください