ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 循環社会推進課 > 多量排出事業者の廃棄物処理計画書の提出について

多量排出事業者の廃棄物処理計画書の提出について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年5月19日更新

 事業場で前年度に発生した産業廃棄物の量が1,000トン以上(特別管理産業廃棄物の場合発生量が50トン以上)の事業者は、「多量排出事業者」として「産業廃棄物処理計画書」及び「産業廃棄物処理計画実施状況報告書」を作成し、6月30日までに県知事に提出しなければなりません。

 廃棄物の発生量が1,000トン、50トン未満であっても、前年度に処理計画書を提出している方は実施状況報告書の提出が必要です。(提出しない、虚偽の報告を行った場合には罰則が適用される場合があります。)

 提出された計画書等は、県ホームページで公表しています。

(1)報告、提出方法

(1)前年度の産業廃棄物の発生量が1,000トン以上である事業場を設置している事業者

(2)前年度の特別管理産業廃棄物の発生量が50トン以上である事業場を設置している事業者

(3)提出期限

毎年度6月30日まで

(4)報告書の提出窓口

1 紙で提出する場合
  所管する保健所に提出してください。(大分市を除く)
  書類に不備があった場合には修正、書類の追加をお願いします。書類の内容によっては受付できない場合があります。
2 電子ファイルで提出する場合
循環社会推進課(メールアドレス):taryou@pref.oita.jp
大分市内の排出事業者については、大分市産業廃棄物対策課へ提出してください。

(5)参考

(2)提出部数

2部(紙で提出する場合)

(3)問い合わせ先

(1)大分市以外の大分県の地域
   最寄りの保健所または循環社会推進課
(2)大分市内の多量排出事業者に関する報告については、大分市環境部産業廃棄物対策課(097-537-7953)にご相談ください。

ベリーツについてはここをクリックしてください