ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 防災危機管理課 > 平成29年7月5日からの九州北部豪雨による災害(日田市)に係る被災地支援のために使用する車両の取扱いについて

平成29年7月5日からの九州北部豪雨による災害(日田市)に係る被災地支援のために使用する車両の取扱いについて

印刷用ページを表示する掲載日:2017年7月8日更新

   平成29年7月5日からの九州北部豪雨による災害に関して、被災地である日田市の支援等を目的とする車両(対象車

両は下記参照)に対して「災害派遣等従事車両証明書」を交付します。高速道路等有料道路の料金所を出る際に、本証明

書を料金所に提出することによって、通行料金の無料措置を受けることができます。詳細は下記のとおりです。

                                  記

1 期間

     平成29年7月8日(土曜日)から平成29年12月31日(日曜日)まで

    ※大分県庁の受付時間は、土曜日、日曜日及び祝日等を除く午前8時30分から午後5時15分までです。

     ただし、平成29年9月30日(土曜日)、10月1日(日曜日)は申請を受け付けます。

          

2 対象車両

 (1)自治体が災害救援のために使用する車両

 (2)災害ボランティア活動であって、被災した自治体等が要請・受入承諾したものに使用する車両

3 対象道路

  次の高速道路株式会社等が管理する高速道路等の有料道路 

 (1)高速道路株式会社

     東日本高速道路株式会社/首都高速道路株式会社/中日本高速道路株式会社/西日本高速道路株式会社/ 

    阪神高速道路株式会社/本州四国連絡高速道路株式会社

 (2)地方道路公社

     青森県道路公社/宮城県道路公社/福島県道路公社/茨城県道路公社/栃木県道路公社/埼玉県道路公社

    /千葉県道路公社/神奈川県道路公社/長野県道路公社/山梨県地域整備公社/静岡県道路公社/愛知県道

       路公社/富山県道路公社/福井県道路公社/滋賀県道路公社/京都府道路公社/大阪府道路公社/兵庫県道

       路公社/奈良県道路公社/広島県道路公社/福岡県道路公社/佐賀県道路公社/長崎県道路公社/熊本県道

       路公社/宮崎県道路公社/鹿児島県道路公社/名古屋高速道路公社/広島高速道路公社/福岡北九州高速道

       路公社/神戸市道路公社/北九州市道路公社

4 証明書発行手続き

 1 災害ボランティアの場合

    (1)日田市大鶴振興センターに「災害派遣等従事車両証明書に係るボランティア証明書」(別添2)を提出(Fax

    による提出可)し、災害ボランティアに従事する者であることの確認を受けてください。

       日田市大鶴振興センター  Tel:0973―28―2121、Fax:0973―28―2122

     ※ボランティアの募集・受付等については、「ひちくボランティアセンター」が行っています。添付ファイルの

        「ひちくボランティアセンターからのお知らせ」をご参照ください。

  (2) 「災害派遣等従事車両証明書の申請書」(別添1)を最寄りの都道府県または市町村の担当窓口に提出してくださ  

    い。 ※窓口へお越しになる際は、印鑑(いわゆるシャチハタ等のインキ浸透印は不可)をお持ちください。

    (添付書類)

      ・4-1-(1)で取得した「災害派遣等従事車両証明書に係るボランティア証明書」

    (担当窓口)

       大分県:防災危機管理課(大分市大手町3-1-1 県庁舎新館8階  Tel 097-506-3151・3152)

       大分県以外の都道府県及び県内外の市町村:各都道府県または各市町村にお問い合わせください。

 2 その他の場合

    「災害派遣等従事車両証明書の申請書」(別添1)を最寄りの都道府県または市町村の担当窓口に提出してください。

    (添付書類)

     ・国等からの委託の場合:委託内容や行程が分かる書類

     ・その他の場合:行程、被災地の受入れ体制、組織の概要が分かる書類

5 利用方法

    有料道路の入口で通行券を受け取り、出口(料金所)で一時停止し、通行券と証明書を係員に提出してください。

6  注意事項

  (1)  災害派遣等従事車両証明書の申請に関する問い合わせは、最寄りの都道府県または市町村の担当窓口にお願

    いいたします。被災地自治体への直接の問い合わせは、ご遠慮いただきますようお願いいたします。

  (2) 出口(料金所)を複数通過する場合は、それぞれに証明書を提出する必要があります。このため、災害派遣等従

    事車両証明書の申請前に通行予定ルートでの料金所の数を確認し、証明書が不足することのないように気をつけて

    ください。 

  (3) ETCレーン及びスマートICの利用はできません。これらを通行した場合は、証明書を取得していたとしても無料置

    の適用が受けられません。

  (4)  ETC車載器にETCカードを挿入したまま「ETC/一般」 レーンを通行すると、一時停止した場合であっても課金さ

        れ、無料措置の適用が受けられません。

  (5)  災害派遣等従事車両証明書に記載の入口IC、出口IC以外の利用はできません。(途中での出入りは不可)


シンフロについてはここをクリックしてください