ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 防災対策企画課 > 大分県地震被害想定調査(平成20年3月)

大分県地震被害想定調査(平成20年3月)

印刷用ページを表示する掲載日:2010年2月16日更新

本調査は、大分県及び大分県周辺の地震環境を分析することにより、想定された地震に対する地震動の大きさや液状化等による地震被害の検討を行い、自然条件や社会条件との比較を通じて、物的及び人的被害等について想定したものです。 (平成18~19年度調査)
 調査結果は、本県において今後10年間で重点的に取り組む事業の実施計画として策定する「大分県地震減災アクションプラン」の基礎資料とします。

1 想定の基本的な考え方
 (1)科学的、客観的な手法及び最新の知見を活かした被害想定とする。
 (2)大分県の地域特性を踏まえた被害想定とする。
(3)大分県の推進する地震防災対策に役立つ被害想定とする。
(4)社会的な影響や様々な状況を視野に入れた幅広い想定とする。
2 被害想定地震  
 被害想定が地域的に偏らないように、県内全域にわたって被害が想定される次の5地震6ケースについて被害想定を行いました。
 (1)別府地溝南縁断層帯の地震 (2ケース)
(2)崩平山(くえのひらやま)-万年山(はねやま)地溝北縁断層帯の地震
(3)周防灘断層帯の地震
(4)プレート内地震
(5)東南海・南海地震
3 想定ケ  
季節は冬の平日、次のケースを想定しました。
(1)早朝5時
(2)

夕方18時

4 調査内容
(1)地震動・液状化・斜面崩壊の想定
(2)建物関係の想定
(3)地震火災の想定
(4)人的被害の想定
(5)ライフライン・交通施設被害の想定
(6)社会機能支障の想定
(7)地震被害シナリオの作成および地震防災上の課題の検討
5 調査結果
(1)概要版 [PDFファイル/331KB]  
(2)
目 次 [PDFファイル/29KB] 
第1編 調査の概要 [PDFファイル/708KB] 
第2編 自然条件の調査 [PDFファイル/8.31MB]
第3編 過去の地震被害 [PDFファイル/260KB] 
第4編 地震動・液状化・斜面崩壊の想定 [PDFファイル/4.55MB] 
第5編 建物関係の想定 [PDFファイル/768KB] 
第6編 地震火災の想定 [PDFファイル/3.75MB] 
第7編 ブロック塀被害の想定 [PDFファイル/643KB] 
第8編 ライフライン・交通施設被害の想定 [PDFファイル/2.42MB] 
第9編 人的被害の想定 [PDFファイル/1.01MB]  
第10編 建物耐震化の想定 [PDFファイル/112KB] 
第11編 災害時要援護者・観光客 [PDFファイル/139KB] 
第12編 社会機能支障の想定 [PDFファイル/285KB] 
第13編 地震防災上の課題 (その1) [PDFファイル/864KB] 
第13編 地震防災上の課題(その2)  [PDFファイル/346KB]
第14編 各市町村の項目別被害 [PDFファイル/517KB] 
用語集 [PDFファイル/1.05MB] 

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください