ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 防災対策企画課 > わが家の防災 ~大雪対策~

わが家の防災 ~大雪対策~

印刷用ページを表示する掲載日:2015年12月4日更新

 本県は、平成26年2月、約30年ぶりとなる大雪に見舞われ、積雪等による道路の寸断により多くの集落が孤立状態となり、倒木等による断線により広い範囲で停電も発生しました。
 豪雪地帯ではない本県では、こうした予想外の積雪に対する備えは決して十分とはいえません。しかしながら、近年の気象状況を鑑みれば、今後もそうした事態が発生することは想像に難くありません。
 そうしたことから、大雪等のおそれがある場合において、以下の点に留意し、大雪等に備えましょう。
 特に山間部にお住まいの皆さまには、孤立状態が長期間になるおそれがあることから、確実な備えをお願いします。

大雪のおそれがある場合は、事前に備えましょう

◆一週間程度の生活に必要な食糧等を備蓄しましょう

◆停電に備え、こたつ・ストーブ等の電源を確保する発電機等を可能な範囲で準備しましょう
 特に、携帯電話の電源として電池式充電器等を確保しましょう

◆ストーブ等に使用する燃料(灯油等)を一定量(一週間分程度)確保しましょう

◆体調維持に欠かせない常用薬について一週間分程度を確保しましょう

◆懐中電灯、ラジオ等の非常備蓄品を準備しましょう

◆気温がマイナス4度以下になると、水道管が凍り、破裂することがあります
    凍結防止のため、屋外で水道管がむきだしのところ、北向きにあるところ、風当たりの強いところの水道管や蛇口は、保温材や布・毛布で包み、
   防水のためビニールテープなどを巻いてください
    メーターボックスの中にも、布・毛布、発泡スチロールを入れたビニール袋などを詰めて保温してください

県は、雪害対策として、以下のとおり取り組みます。

情報収集をしましょう

早めに気象情報、道路・交通情報等の情報収集をしましょう。

◆気象情報について 
   大分地方気象台 

◆道路・交通情報について
   道路・交通情報

◆停電情報について
   九州電力(株)大分支社


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください