ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 危機管理室 > 平成24年度大分県国民保護実動訓練を実施しました(お知らせ)

平成24年度大分県国民保護実動訓練を実施しました(お知らせ)

印刷用ページを表示する掲載日:2012年11月1日更新

 本県では、万が一大規模なテロ等が発生した場合に、迅速かつ的確に県民の避難や救助・救護活動等が行えるよう関係機関と連携して国民保護訓練を実施しています。
 平成19年度から図上訓練と実働訓練を実施していますが、実働訓練は平成21、23年度に次いで、今回が3回目となりました。

 ・実施目的 国民保護法に基づき、大規模テロ等が発生した場合における各関係機関の機能の確認と
         相互の連携強化による初動対処能力の向上及び国民保護法に関する県民の理解促進を図る

 ・実施日時 平成24年10月11日(木) 10時00分~11時30分 

 ・場   所 別府国際観光港第4埠頭及び国際観光港多目的広場、大分空港、大分医大

 ・参加機関 陸上自衛隊、海上自衛隊、大分県、大分県警察本部、別府市、
         別府市消防本部、日本赤十字社大分県支部、大分DMAT等  28機関 約320名

 詳しくは下記をご覧ください。

平成24年度大分県国民保護実動訓練の実施について [PDFファイル/1.18MB]


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください