ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 危機管理室 > 平成24年度大分県国民保護図上訓練を実施しました。

平成24年度大分県国民保護図上訓練を実施しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2012年8月11日更新

 本県では、万が一大規模なテロ等が発生した場合に、迅速かつ的確に県民の避難や救助・救護活動等が行えるよう関係機関と連携して国民保護訓練を実施しています。
 平成19年度から国民保護訓練として、図上訓練と実動訓練を実施していますが、今年度は、今回実施した図上訓練に加え、本年10月11日には実動訓練も実施することとしています。

 ・実施日時 平成24年8月7日(火) 14時00分~16時00分

 ・場   所 県庁新館8階防災センター、対策本部会議室、防災危機管理課執務室内

 ・想   定 緊急対処事態:同時爆発テロ災害
         大分市大分駅構内及び別府国際観光港第4埠頭で同時に爆発、多数の負傷者が発生した

 ・参加機関 国土交通省大阪航空局大分空港事務所、自衛隊大分地方協力本部、自衛隊別府病院、
         陸上自衛隊第41普通科連隊、海上自衛隊呉地方総監部「海上自衛隊佐伯基地分遣隊」、
         大分県(防災危機管理課・消防保安室・地域福祉推進室・医療政策課・薬務室)、
                       大分県警察本部(警備二課)、大分県警察本部警備部機動隊、別府警察署、別府市、
                       別府市消防本部、杵築速見消防組合消防本部、日本赤十字社大分県支部、大分県医師会、
                       別府市医師会


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください