ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 食品・生活衛生課 > 台湾で野生動物の狂犬病が発生しました

台湾で野生動物の狂犬病が発生しました

印刷用ページを表示する掲載日:2013年8月1日更新

7月16日、台湾行政院農業委員会は、野生のイタチアナグマに由来する検体を検査した結果、狂犬病であることを確定診断した旨を公表しました。
これを受けて農林水産省は、平成25年7月17日(水曜日)から台湾を狂犬病の非清浄地域として取り扱うこととしました。
今後、台湾から犬等を輸入する場合は、狂犬病の予防接種や血液検査等が必要です。
また、過去6ヶ月以内に台湾から輸入された犬等を飼養されている方は、入国時から半年間は健康観察を行ってください。

 詳しくは下記のリンク先をご覧ください。


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください