ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 商工労働企画課 > 平成29年台風18号(平成29年9月補正予算(追加))に係る大分県被災地域小規模事業者持続化支援事業の募集について

平成29年台風18号(平成29年9月補正予算(追加))に係る大分県被災地域小規模事業者持続化支援事業の募集について

印刷用ページを表示する掲載日:2017年10月10日更新

事業概要

「平成29年9月補正予算(追加)大分県被災地域小規模事業者持続化支援事業」は、平成29年台風18号により被害や影響を受けた小規模事業者に対し支援を行うものです。
以下、詳細は公募要領をご覧下さい。

補助対象者

平成29年台風18号により被害を受けた、災害救助法適用地域(津久見市、佐伯市)並びに災害救助法適用基準(住家滅失世帯)の1/2以上となる市町村(臼杵市)に所在する小規模事業者(「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、「常時使用する従業員」の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下))

※「台風29年台風18号の影響を受けた事業者」は、津久見市・佐伯市においては事業用資産が直接被災した、もしくは、売上減の間接被害が生じた事業者。ただし、臼杵市は直接被害が生じた事業者のみが対象。

補助対象経費

商工会・商工会議所・中小企業団体中央会の支援を受けて作成する経営計画等に基づいた、販路開拓や業務効率化(生産性向上)の取組に要する、被災した事業用資産(製造機器等)の復旧や展示会・商談会開催等の経費

補助率・限度額

補助率:補助対象経費の1/2以内
限度額:(1)津久見市または佐伯市の事業者は、1、500千円
     (2)臼杵市の事業者は、750千円
     ※複数の事業者が連携した共同事業の場合は以下のとおりです。
     (ただし、最高7,500千円まで((1)津久見市まはた佐伯市の小規模事業者を1者以上含む場合は15,000千円まで)となります)
     (1,500千円×津久見市・佐伯市の小規模事業者数)+(750千円×臼杵市の小規模事業者数)

要綱等

募集期間

受付開始:平成29年10月10日(火曜日)
受付締切:平成29年11月30日(木曜日)必着

申請方法等

1 申請方法
 郵送または持参によりご提出ください。

2 申請先
 大分県商工労働部商工労働企画課商工団体班

シンフロについてはここをクリックしてください