ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 工業振興課 > 大分港開港50周年記念事業「みなとフェスOITA」(大在会場)について

大分港開港50周年記念事業「みなとフェスOITA」(大在会場)について

印刷用ページを表示する掲載日:2015年10月22日更新

大分港開港50周年記念事業「みなとフェスOITA」(大在会場)の開催について

大分港は今年度、関税法に基づく開港に指定されて50周年を迎えます。(開港=国際貿易が可能に) これを機に、現在の全国屈指の重要港湾への発展に貢献してきた立地企業や地場企業、航路事業者等に感謝するとともに、アジアのゲートウェイとしての大分港の更なる発展に向けた契機とすることを目的とし「大分港開港50周年記念事業」を実施します。

開催日程:平成27年10月31日(土)~平成27年11月1日(日) 10:00~16:00
開催場所:大在公共埠頭

<内   容>
アジアのゲートウェイ・国際貿易港として、関係企業・団体等が一体となって大分港の更なる発展に繋げるため、海や港、工場やものづくり産業をPRする様々な展示やイベントを実施します。

・開会式 10月31日(土)10:00~10:40 
(オープニングアトラクション 日本文理大学チアリーディング「BRAVEAS」演技、航空自衛隊展示飛行)
・帆船海王丸 一般公開 セイルドリル(帆を張る公開訓練)、船内見学会
・海上保安庁巡視船「やまくに」 一般公開
・津久見高等学校海洋科学校 漁業実習船「新大分丸」 一般公開
・飲食、物販、ステージイベント
・大分港関係企業・国機関等展示・PRコーナー
(大分税関支署、大分運輸支局、大分海上保安部、別府港湾事務所、日本海洋少年団、大分県少年の船の会、大分コンビナート企業協議会、大分県国際貿易センター 等)
・大分港の歴史を振り返る展示コーナー(写真やパネルで大分港の歴史を紹介)
・防災・防衛フェア(防災グッズや装備品等の展示)
・コンビナート工場見学バスツアー(会場発着の工場見学ツアー)
・大在コンテナターミナル見学ツアー

その他多くのイベントをご用意してお待ちしております。

イベントチラシ [PDFファイル/3.01MB]

帆船「海王丸」 一般公開

“海の貴婦人”帆船「海王丸」の一般公開を行います。

【セイルドリル(帆を張る公開訓練)】  10月31日(土) 13:00~16:00
【船内見学会】 受付 11月1日(日) (1)10:00~11:00  (2)13:00~15:30

大分港見学ツアー

<コンビナート工場見学バスツアー>
見学工場:JX日鉱日石エネルギー、九州電力新大分発電所・大分エル・エヌ・ジー、三井造船
(全コース所要時間約1時間)

<大在コンテナターミナル見学ツアー>
見学場所:コンテナターミナル(ガントリークレーン)、冷凍冷蔵庫 (所要時間約30分)

両ツアーとも、両日開催・会場受付発着です。

ご来場について

会場内に無料臨時駐車場約1,000台分をご用意しておりますが、周辺駐車場は大変混雑が予想されます。
JR大在駅からの無料シャトルバスのご利用にご協力をお願いします。

<シャトルバスの運行時間>

大在駅発:9時15分~15時10分まで(10分間隔)
会場発:11時00分~17時00分まで(10分間隔)

公式ホームページ、フェィスブックを開設しています!

本事業についての詳細は公式ホームページをご覧ください。

大分港開港50周年記念事業公式ホームページ(公式ホームページは11月30日を持って閉鎖しました。)

公式フェイスブック

航空自衛隊の展示飛行等に関するご案内

「みなとフェスOITA」(大在会場)では、10月31日の開会式において、アトラクションとして航空自衛隊による展示飛行が行われます。

それに伴いまして、当日及び10月27日に航空自衛隊機2機が会場周辺を飛行します。

【事前飛行及び展示飛行について】
・事前飛行:10月27日 時間未定 佐賀関から大在付近にかけて(天候により翌日以降順延)
・展示飛行:10月31日 午前 佐賀関から大在付近にかけて(天候により中止)

【飛行音について】
事前飛行及び展示飛行では、最低で高度300mの低空飛行が行われます。大きな飛行音が想定されますので、近隣の方々にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いします。

【禁止事項について】
事前飛行及び本番の展示飛行では、飛行の妨げになる恐れがありますので、会場周辺及び臨時駐車場におけるドローン等の持込及び飛行をされないよう、ご協力をお願いします。


ベリーツについてはここをクリックしてください