ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 商業・サービス業振興課 > 大分県サービス産業生産性向上促進事業補助金 第3次募集

大分県サービス産業生産性向上促進事業補助金 第3次募集

印刷用ページを表示する掲載日:2017年11月6日更新

サービス産業生産性向上促進事業費補助金の第3次募集について(11月6日~12月15日)

  大分県では、観光産業におけるサービス産業の生産性向上を促進し、県内経済の活性化に貢献するため、生産性の向上に向けた取組を広く公募し、その取組に必要な費用の一部を補助します。

趣  旨

 観光産業におけるサービス産業の生産性向上を促進し、県経済の活性化に貢献するため、生産性の向上に向けた取組を広く募集し、審査員の審査により選定された取組に対して支援します。

補助対象者

次の(1)または(2)に該当するものとし、県内に主たる事務所を有する別表に掲げる中小企業者とします。

(1)企業連携(1事業実施主体につき3者以上が参加するものとし、そのうち宿泊業を営む者を1者以上含むこと)

 ア 県内に主たる事務所を有する中小企業者で構成されたグループの代表となる中小企業者
 イ 県内に主たる事務所を有する中小企業者等で組織された任意団体
 ウ 生活衛生関係営業の運営の適正化及び振興に関する法律(昭和32年法律第164号)に基づき設立された組合(支部組合等を含む)
 エ その他サービス産業の生産性向上を促進すると知事が認めた団体

(2)個者 サービス産業生産性向上人材育成講座への参加事業者

別表

資本金または出資の総額

従業員数

卸売業

1億円以下

100人以下

小売業

5,000万円以下

50人以下

サービス業

5,000万円以下

100人以下

ソフトウエア業または情報処理サービス業

3億円以下

300人以下

宿泊業(ホテル営業、旅館営業、簡易宿所営業及び下宿営業)

5,000万円以下

200人以下

製造業、その他(上記に掲げる業種を除く)

3億円以下

300人以下

補助対象事業

 次の(1)及び(2)に該当するものとし、別表に定める生産性の向上につながる事業とします。

(1)観光産業における生産性向上に向けた取組であること。

(2)事業実施年度を含め3年後までに、生産性向上2%以上を目指す取組であること。

別表

サービス産業(観光産業)の生産性向上

付加価値の向上

(1)新規顧客層への展開
(2)商圏の拡大
(3)独自性・独創性の発揮
(4)ブランド力の強化
(5)顧客満足度の向上
(6)価値や品質の見える化
(7)機能分化・連携
(8)ICT利活用(付加価値向上に繋がる利活用)
(9)その他付加価値の向上が見込めるもの

効率の向上

(10)サービス提供プロセスの改善
(11)ICT利活用(効率化に繋げるための利活用)
(12)その他効率の向上が見込めるもの

補助率等

  • 補助率     2分の1以内
  • 補助上限額  1,000千円以内

補助対象経費

  補助対象経費一覧 [PDFファイル/72KB]

応募方法

 以下の書類の正本1部、副本6部(参考資料を添付する場合は当該資料を7部)を大分県商工労働部商業・サービス業振興課あて、持参または郵送(必着)にて提出してください。
 ※認定申請書等の作成に係る費用は、応募者の負担になります。応募いただいた書類は返却しません。

応募受付期間

 平成29年11月6日(月曜日)~平成29年12月15日(金曜日)17時

公募要領等

  公募要領  大分県サービス産業生産性向上促進事業第3次公募要領 [PDFファイル/278KB]

  実施要領  大分県サービス産業生産性向上促進事業実施要領 [PDFファイル/169KB]

  交付要綱  大分県サービス産業生産性向上促進事業交付要綱 [PDFファイル/221KB]

平成29年度サービス産業生産性向上促進事業費補助金 採択状況

  
 分野事業者名事業名事業内容
1次個者(株)ますの井
(豊後大野市)
IT活用による生産性・顧客満足度
向上プロジェクト
 これまで互換性のなかった予約(電話・ネットエージェント)・顧客(台帳)管理・領収書発行等について、一元的に管理するシステムに対応した端末(電話機:回線工事含む)を整備
1次個者(有)エール
(別府市)
温泉温度調整の自動化 温度センサー情報により、給水量を自動調整できる電磁弁を設置(4カ所)
 センサー情報の精度を保つため、お湯をかくはんするポンプを設置
1次個者(株)亀山亭ホテル
(日田市)
自社のブランド価値強化による
エージェント依存からの脱却
 自社の強み(景観・屋形船・歴史)の訴求を明確化するなど、集客力の高いHPを構築
1次個者(株)鶴田ホテル
(別府市)
最新型ホテル基幹ICTシステムへの
置換えによる生産性向上プロジェクト
 情報処理業務のペーパーレス化及びデータから需要予測を行い、最適な宿泊単価の算出を可能とするシステムの導入
2次個者(株)サリーガーデン
(湯治 柳屋;別府市)
顧客対応時間短縮プロジェクト 湯治情報等を充実させたHP、地獄蒸し説明動画を作成
 宿泊者カード自動プリントシステム、リピーター確認システム(自動顧客台帳参照システム)を導入

シンフロについてはここをクリックしてください