ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 雇用労働政策課 > 労働条件の改善を通じて若年者の採用を進めませんか(各種認定制度の活用)

労働条件の改善を通じて若年者の採用を進めませんか(各種認定制度の活用)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月5日更新

若年者が就職先の企業を決定する際に重視している点は

 民間人材紹介会社が2017(平成29)年3月卒業予定の大学生を対象に実施したアンケートによると、大学生が「就職先企業を選ぶ際に重視する点」の主なものは次のとおりでした。

就職先企業を選ぶ際に重視する点割合
(1) 将来性がある46.4%
(2) 給与・待遇が良い41.9%
(3) 福利厚生が充実している39.4%
(4) 職場の雰囲気が良い32.7%
(5) 業績・財務状況が良い27.2%
(6) 休日・休暇が多い26.5%

 アンケートの結果からは、大学生が就職先の企業を選ぶ際に、労働条件(「給与・待遇」「福利厚生」「休日・休暇」)に注目している様子が窺えます。今後、企業が安定的に人材確保を進めるには、こうした若年者の指向を踏まえた採用活動が必要になると考えられます。

 国や県では、企業による若年者の労働条件改善を後押しするために様々な認定制度等を創設し、若年者に対するPRを支援しています。

 この機会にこれらの認定取得に積極的に取り組んではいかがでしょうか?

若年者の労働条件改善を後押しする認定制度の例

ユースエール認定制度 【厚生労働省】

○制度概要 若者雇用促進法に基づき、若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況等が優良な中小企業を厚生労働大臣が認定する制度です。認定企業の情報発信を後押しすること等により、企業が求める人材の円滑な採用を支援し、若者とのマッチング向上を推進します。

○参考URL http://oita-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/banner/20140625shinnsotushajyakunennshakannrenn/271029.html

○問合先 大分労働局 職業安定部 職業安定課 TEL:097-535-2090

くるみん認定、プラチナくるみん認定制度 【厚生労働省】

○制度概要 次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画(従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員をも含めた多様な労働条件の整備等に取り組むにあたって、計画期間・目標・その達成のための対策と実施時期を定めたもの)を策定・届出し、計画に定めた目標を達成する等、一定の基準を満たした企業を「子育てサポート企業」として厚生労働大臣が認定(くるみん認定)する制度です。さらに、くるみん認定を受けた後、より高い水準の取組を行って「特例認定基準」を満たした企業は、プラチナくるみん認定を受けることができます。認定を受けた企業は、くるみんマークやプラチナくるみんマークを広告や商品、求人広告等に表示することができるようになります。

○参考URL http://oita-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/koyou_kintou/_119591.html#kurumin-puratina

○問合先 大分労働局 雇用環境・均等室 TEL:097-532-4025

 おおいたワーク・ライフ・バランス推進優良企業表彰制度 【大分県】

○制度概要 仕事と生活が両立できる様々な制度を設ける等、多様で柔軟な働き方を選択できる働きやすい職場環境を整備し、かつ、長時間労働の抑制や年次有給休暇の取得促進等の働き方の見直しを行い、その成果が認められる企業を顕彰する制度です。

○参考URL http://www.pref.oita.jp/site/oitarodo/workkosodate-2016hyousyou.html

問合先 大分県 商工労働部 雇用労働政策課 労政福祉班 TEL:097-506-3327