ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 工事技術管理室 > 森林土木工事の積算基準について

森林土木工事の積算基準について

印刷用ページを表示する掲載日:2019年8月1日更新

森林土木工事の積算基準について


基準書等の名称 

   大分県農林水産部所管の森林土木工事の積算については、以下の積算基準を準用しています。

1.森林整備保全事業設計積算要領

2.森林整備保全事業標準歩掛

3.森林整備保全事業建設機械経費積算要領

4.森林整備保全事業における施工パッケージ型積算方式

5.森林整備保全事業数量算出要領(施工パッケージ型積算方式)

適用年月日 

 令和元年8月1日以降に起工する設計書から 平成31年度版 を適用します。

 なお、当該入札案件がどの年度の基準書等を適用してるかについては各発注機関へお問い合わせ下さい。

処分費等(産業廃棄物処分費等)の積算方法

 平成28年8月1日以降に起工する設計書から以下のとおりとしました。

1.積算方法について
   処分費等(産業廃棄物処分費等)は直接工事費に計上し、間接工事費の積算は
  次表のとおりする 。  
区分処分費等が「共通仮設費対象金額+準備費に含まれる処分費」に占める割合が3%以下で、かつ処分費等が3千万円以下の場合処分費等が「共通仮設費対象金額+準備費に含まれる処分費」に占める割合が3%を超える場合、又は処分費等が3千万円を超える場合
間接工事費
(共通仮設費、
現場管理費、
一般管理費等)
全額を率計算の対象処分費等が「共通仮設費対象金額+準備費に含まれる処分費」に占める割合の3%とし、 3%を超える金額は率計算の対象としない。ただし、対象となる金額は3千万円を上限とする。
※ 処分費等とは、処分費(産業廃棄物処分費)、上下水道料金、有料道路利用料である。
2.上記積算方法の適用について
   平成28年8月1日以降に起工する設計書より適用する。

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください