ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 地域農業振興課 > 施設園芸での重油価格高騰に対する省エネの取り組み

施設園芸での重油価格高騰に対する省エネの取り組み

印刷用ページを表示する掲載日:2009年11月6日更新

  現在、重油価格が高騰して、県内の施設園芸農家の経営に大きな影響を与えています。このような状況のなか、県内の施設園芸農家や普及指導員が生み出した省エネ技術や工夫を取りまとめましたので、ご紹介します。

 例えば

吸気口カバーの取り付け

吸気口の引っ張りヒモ   

換気口カバーの取り付け

エアーキャップの利用

低温開花性品種の導入                                                                                                                

多層被覆(内張りの導入)                                                                                                          

空気膜2重構造ビニルの導入                                                                                               

蛍光灯への変更                                                                                                                    

内張・天井カーテンの設置                                                                                                      

循環扇の設置                                                                                                                       

4段サーモの取り付け

などです。
小さな取り組み、わずかな工夫の数々ですが、
その積み重ねが大きな省エネ効果をもたらします。
   
 

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください