ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > 「マイスターに学ぶ、家具製作技能士検定についての勉強会 in 日田」のご案内(募集は終了しました。)

「マイスターに学ぶ、家具製作技能士検定についての勉強会 in 日田」のご案内(募集は終了しました。)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年1月19日更新

AZUMA井ノ上社長

有限会社AZUMA 井ノ上 代表取締役

~募集は終了しました。~

 ソファやダイニングセットなどの全国有数の木製家具産地である大分県日田市において、「家具製作技能士検定」についての勉強会を、主に「いす張り作業」を中心とした内容で開催いたします。

 講師としてお迎えするのは、1級いす張り作業技能士、厚労省ものづくりマイスター、全技連マイスター(家具製作)等の資格を持ち、東京椅子張同業者組合連合会副会長として後進の育成に尽力されている、有限会社AZUMA代表取締役の井ノ上浩二さんです。

 家具製作技能士検定は、家具製作において使用されてきた素材、技能、道具、機械等の的確な使用とスピードが求められる高度な内容となっているため、家具製作の経験のあるベテランの方でも、対策無しの受験では合格することは難しいようです。

 本勉強会では、検定の概要と技能検定を受検する者がどのようにして検定に必要となる技能を磨いていくかについて、以前は技能検定を受検する立場でもあった講師よりご説明いただきます。

 また今回は「いす張り作業」を中心とした内容ですが、「家具手加工作業」についても大分県在住の1級家具手加工作業技能士、厚労省ものづくりマイスターの資格を持つ高野家具製作所代表の高野 二郎さんをお招きして、家具手加工作業検定についてのお問い合わせにも対応させていただきます。

 ソファ等の木製家具の製作に携わっておられ、技能士検定受検に興味をお持ちの技術者、職人のみなさまはぜひご参加下さい。

※技能士検定とは、技能の習得レベルを評価する国家検定制度で、試験に合格すると合格証書が交付され、「技能士」と名乗ることができます。家具製作技能士検定は、「いす張り作業」、「家具手加工作業」、「家具機械加工作業」の3つの実技試験のいずれかを選択して受験するものです。

 

家具作業技能士検定で試される技術を使って作られたソファの内部

椅子張り技能検定の1級と2級の技能を詰め込んで開発された、(有)AZUMA製ソファの座面の内部

日 時 :平成30年1月19日(金) 13時30分から15時30分まで
会 場 :大分県農林水産研究指導センター 林業研究部 (日田市大字有田字佐寺原35)

講 師 :

1.有限会社AZUMA 代表取締役 井ノ上  浩二 氏

  (いす張り作業1級、厚労省ものづくりマイスター/埼玉県)

2.高野家具製作所 代表 高野 二郎 氏

  (家具手加工作業1級、厚労省ものづくりマイスター/大分県)

内 容 :「いす張り作業」についての講義と、「家具手加工作業」も含めた意見交換
対 象 :ソファ生産者を中心に、木製家具、行政担当者 等
定 員 :20名程度

参加費 :

無料

申込〆切:平成30年1月16日(火)必着(下記申込先にmail、FAXにてお申し込み下さい。)
主 催 :大分県農林水産研究指導センター 林業研究部
共 催 :協同組合 日田家具工業会

申込・問合先:

大分県農林水産研究指導センター 林業研究部 企画指導担当 佐藤

 〒877-1363 日田市大字有田字佐寺原35
  Tel.0973-23-2146 Fax.0973-23-6769
  E-mail sato-koshiro@pref.oita.lg.jp
  申込書(ご案内) [PDFファイル/81KB] [Wordファイル/34KB]

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください