ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > 大分県立日田高等学校が行う土壁の強度実験実習を指導しました。

大分県立日田高等学校が行う土壁の強度実験実習を指導しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月5日更新

 大分県立日田高等学校(SSH指定校※)が取り組んでいる「土壁の強度実験」を、林業研究部では昨年度より継続的に支援しています。※※
 今回は平成29年9月12日に実施した実験の継続として、日田高等学校が製作した様々な製作条件による土壁サンプルの圧縮破壊試験について、当研究部の試験機を使用して実習指導を行いました。
 土壁に混練されている稲ワラ中に生息する微生物の有無が土壁強度に与える影響について興味深い実験結果を確認することができました。

          強度試験装置 土壁試験体 実験データ確認画面

  1.日 程:平成30年5月24日(木)

  2.場 所:大分県農林水産研究指導センター林業研究部(大分県日田市)

  3.対 象:大分県立日田高等学校(大分県日田市) 3学年生徒3名 担当教諭1名

  4.内 容:土壁試験体の圧縮破壊試験

※SSH(スーパーサイエンスハイスクール)は「将来の国際的な科学技術系人材の育成を図る」ことを目的に文部科学省から指定を受けた全国の203校の高等学校が実施している事業です。県内では大分県立日田高等学校、大分県立大分舞鶴高等学校、大分県立佐伯鶴城高等学校の3校が指定を受けています。

※※当研究部は日田高等学校からの要請に対応し、学生が取り組む研究活動について、研究機関としての知見を活用し、試験装置の操作や試験手法を学ぶ実習活動に対して毎年支援を行っています。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください