ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > 寸法安定性の高い高品質乾燥材生産技術の開発に取り組んでいます。(第2報)

寸法安定性の高い高品質乾燥材生産技術の開発に取り組んでいます。(第2報)

印刷用ページを表示する掲載日:2019年1月15日更新

 近年増加する中大規模木造建築等における構造材として、県産スギ平角材の活用を図っていくため、寸法安定性の高い高品質な乾燥材生産技術の開発に取り組んでいます。

 本開発は、従来の蒸気式乾燥に高周波乾燥等を組み合わせながら、短期間で内部割れのないスギ平角材の生産技術の確立を目指すものです。

 現在、高温セット処理を行い、3ヶ月間天然乾燥した材に対して、日田林工高等学校の高周波乾燥機を活用して促進乾燥を行い、乾燥後の含水率や品質について調査を行っています。

         平角材の乾燥  高周波乾燥


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください