ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > 「家具材料としての国産、県産材の利用についての勉強会」を開催しました。(平成30年度企業技術研修事業)

「家具材料としての国産、県産材の利用についての勉強会」を開催しました。(平成30年度企業技術研修事業)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月1日更新

  日田家具衆(ひたかぐら)※との共催により、県内の家具メーカー等40名を集め、輸入材が使用されてきたソファの木枠フレームを、スギ、ヒノキ等の県産材や国産のヒノキ合板に置き換えることの可否を検証することを目的とした林業研究部の研究成果について報告し、研究に使用した「家具強度試験機」見学会を実施しました。

マニュアル表紙 研究成果報告 家具強度試験機

 また、平成31年に玖珠町に新工場建設予定の新栄合板工業株式会社様より、国産針葉樹合板、スギLVLについての情報提供が行われました。

新栄合板工業ポスター 新栄合板工業 堀様 新栄合板工業 堀様

  1.日 程:平成30年5月30日 水曜日

  2.場 所:大分県農林水産研究指導センター林業研究部(大分県日田市)

  3.講 師:大分県農林水産研究指導センター林業研究部 主幹研究員 古曳 博也

            新栄合板工業株式会社 営業部係長 堀 浩太郎 氏

  4.内 容: 1部 林業研究部研究成果報告:「張りぐるみ椅子(ソファー)への県産材の利用についての研究」
         2部 国産材合板製造メーカー勉強会:「国産針葉樹合板、スギLVLなどについて」
         3部 意見交換会など
         4部 林業研究部 試験施設見学
            家具強度試験機 「AFS-03型 他 株式会社 米倉製作所」

  5.主 催:大分県農林水産研究指導センター林業研究部

         日田家具衆(協同組合 日田家具工業会)

※日田家具衆(ひたかぐら)は、協同組合日田家具工業会の若手メンバーを中心に組織されたグループで、ブランディング、技術継承、地域振興 等の活動を実施しています。


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください