ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > 企業技術研修「家具材料としての国産材、県産材の利用について」のご案内(募集は終了しました)

企業技術研修「家具材料としての国産材、県産材の利用について」のご案内(募集は終了しました)

印刷用ページを表示する掲載日:2018年5月17日更新
~ 募集は終了しました。 ~

 日田家具衆(ひたかぐら 協同組合 日田家具工業会)と、大分県農林水産研究指導センター林業研究部の共催で、家具材料としての「国産、県産材の利用」についての勉強会※※を開催いたします。

 県内の主要な木製家具の一つであるソファ等には、内部の木枠フレームに輸入材や輸入合板が使用されています。林業研究部では、この木枠フレームをスギ、ヒノキ等の県産材や国産のヒノキ合板に置き換えることの可否を検証することを目的とした研究を実施しましたのでその研究成果を報告すると共に、実験設備についてご紹介します。

 また、平成31年に玖珠町に新工場建設予定の新栄合板工業株式会社様より、国産針葉樹合板、スギLVLについての情報を提供していただきます。

 家具材料としての国産、県産材の利用についてご興味をお持ちの家具製造技術者、職人のみなさまをはじめ、林業、木材関係の企業、団体、行政のみなさまはぜひご参加下さい。

 

※  日田家具衆(ひたかぐら)は、協同組合日田家具工業会の若手メンバーを中心に組織されたグループで、ブランディング、技術継承、地域振興 等の活動を実施しています。

※※ 勉強会は、家具産地日田を広く知っていただくために、まずメンバー自らの技術力向上を目的として開催するものです。開発や現場の「困った…」や「何故だろう?」のヒントを得たり、基礎知識や基礎技術をざっくばらんに学べる機会となることを目指しています。

日 時 :

場 所 :

テ ー マ:

  内 容 :

.

.

.

.

問合先 :

.

申込期限:

.

申込先 :

平成30年5月30日(水)14:00~16:30

大分県農林水産研究指導センター 林業研究部 (日田市大字有田字佐寺原35)

国産、県産材の利用について

1.研究成果報告「張りぐるみ椅子(ソファー)への県産材の利用についての研究」

  大分県農林水産研究指導センター林業研究部 主幹研究員 古曳 博也

2.国産材合板製造メーカー勉強会「国産針葉樹合板、スギLVLなどについて」

  新栄合板工業株式会社 営業部係長 堀 浩太郎 氏

3.意見交換会など

協同組合 日田家具工業会 事務局 上部 0973-23-6069

大分県農林水産研究指導センター 林業研究部 企画指導担当 佐藤 0973-23-2146

平成30年5月25日(金)(下記申込用紙を印刷・記載の上FAXにてお申込みください)

申込用紙 [PDFファイル/69KB] 申込用紙 [Wordファイル/34KB]

FAX 0973-23-6069 日田家具工業会 上部


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください