ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > ミニ穂の秋期密閉さし試験を実施し、経過を生産者団体に報告しました。

ミニ穂の秋期密閉さし試験を実施し、経過を生産者団体に報告しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2018年7月31日更新

 森林資源の充実により主伐が増加し造林に必要な苗木需要が急増しています。
 スギ推奨品種さし木苗の増産のため大分県樹苗生産農業協同組合と共同で、これまで未活用だったミニ穂の活用試験に取り組んでいます。

 昨年秋にさし付け、ビニールトンネル内で本年4月まで密閉育成する、密閉さし試験に取り組んでおり、苗の発根状態等について平成30年7月25日に当林業研究部で開催された樹苗生産農業協同組合への報告会にて発表しました。

  床替え作業  報告会  報告会


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください