ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > ミニ穂の秋期密閉さし試験(第2期)を生産者団体と共に開始しました。

ミニ穂の秋期密閉さし試験(第2期)を生産者団体と共に開始しました。

印刷用ページを表示する掲載日:2018年9月19日更新

 森林資源の充実により主伐が増加し造林に必要な苗木需要が急増しています。
 スギ推奨品種さし木苗の増産のため大分県樹苗生産農業協同組合と共同で、これまで未活用だったミニ穂の活用試験に取り組んでいます。

 昨年秋に実施した秋期密閉さし試験(第1期)から得られた知見と組合員からの要望を踏まえ、さし付け時期の変更等の試験条件を追加し、本年の秋期密閉さし試験(第2期)のさし付け作業を開始しました。

     採穂  さし付け  


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください