ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > おおいた早生樹研究会と共に実施した早生樹活用推進のための活動の成果がパンフレットになりました。

おおいた早生樹研究会と共に実施した早生樹活用推進のための活動の成果がパンフレットになりました。

印刷用ページを表示する掲載日:2018年4月23日更新
「早生樹を活用した新たな林業スタイルへ」の表紙画像
 大分県農林水産研究指導センター林業研究部では、主伐後の次世代の森林づくりの有力候補の一つとされる国産早生樹の活用を推進するための活動を、県内林業関係者で構成された「おおいた早生樹研究会」と共に行っております。
 県内試験地における早生樹の成長量調査や、用材や木質バイオマス燃料としての検証等を実施し、その成果を「おおいた早生樹研究会」と共にまとめ、「早生樹を活用した新たな林業スタイルへ」と題したパンフレットを作成しました。
 この度、パンフレットと同内容のPDFデータを本ホームページに掲載いたしましたのでお知らせします。
 掲載内容に関するお問い合わせは林業研究部 企画指導担当までご連絡下さい。

(本パンフレットは平成29年度大分県森林環境保全推進関係事業費の補助を受けて作成されました。)

※掲載データの著作権その他一切の権利はおおいた早生樹研究会が有しており、著作権法等の法律により保護されています。
※掲載データの内容は予告なしに変更する場合があります。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください