ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 農林水産研究指導センター林業研究部 > 「大分県におけるスギ集団葉枯症の被害実態と被害対策」を掲載しました

「大分県におけるスギ集団葉枯症の被害実態と被害対策」を掲載しました

印刷用ページを表示する掲載日:2016年5月30日更新

「大分県におけるスギ集団葉枯症の被害実態と被害対策」を掲載しました

 1990年代以降、樹冠の変色と葉枯れ症状を特徴とするスギ集団葉枯症が、九州各地のスギ壮齢林で確認されています。本症状は、被害木から特定の病原菌が検出されていないこと等から病原菌が主要因である可能性は低いとされていますが、その発症原因やスギの成長への影響については未解明となっています。
 本稿は、平成22年度から24年度までに大分県森林環境税を活用して実施した「健全な森林の維持・確保のためのスギ集団葉枯症の実態解明」の研究で得られた大分県内の被害状況と、現時点で有効な被害対策について紹介します。

 この研究に関する照会や、資料等ご希望の方は当センター林業研究部 企画指導担当までご連絡をお願いします。
 メール・連絡先は、下記(枠内)をご利用下さい。

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください