ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

おおいた冠地どり

印刷用ページを表示する掲載日:2017年1月25日更新
国内初の烏骨鶏を用いた新食感地鶏ができました

1.作出の経緯

 大分県農林水産研究指導センター畜産研究部は、家庭で味合うこだわりの地鶏の開発を目指し、平成16年度より新地鶏の開発に着手。国内外11品種にわたり発育性、産卵性、食味性等について検討した結果、国内初となる烏骨鶏を取り入れた4品種の掛け合わせにより、発育が良く、経済性、食味性に優れる新食感地鶏の開発に成功しました。

 名称は交配に用いた烏骨鶏の外観的特徴が冠に現れていたことから、平成20年4月に「おおいた冠地どり」(以下「冠地どり」という)と命名し、県内割烹、ホテル、料理店やスーパで取り扱いを始めました。

2.交配様式

雌系品種下矢印雄系品種

おおいた冠地どり

3.おおいた冠地どりの特徴

うま味成分量

(1)国内初、烏骨鶏を掛け合わせた地鶏
(2)在来種由来の血液割合62.5%
(3)飼育期間は90日程度
(4)毛冠、顎鬚など烏骨鶏由来の外観
(5)性質はおとなしく飼いやすい
(6)肉質は適度に柔らかく、旨味がありジューシー

※在来種とは、明治時代までに国内で成立し、または導入さ れ定着した品種。

4.問い合わせ先

大分県農林水産部畜産技術室
(住所)大分市大手町3-1-1
(電話)097-506-3682
大分県農林水産研究指導センター畜産研究部 豚・鶏チーム
(住所)豊後大野市三重町赤峰
(電話)0974-22-0673
おおいた冠地どり銘柄協議会
(住所)事務局:大分市古国府 (社)大分県畜産協会内
(電話)097-545-6593

5.関連情報


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください