ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 林務管理課 > 大分県内における森林整備・素材生産の事業予定量

大分県内における森林整備・素材生産の事業予定量

印刷用ページを表示する掲載日:2019年4月25日更新

大分県内における森林整備・素材生産の事業予定量の公表(平成31年度)

 県内では、近年、大規模製材工場の施設整備が進んだことや、県内外において新たな木質バイオマス発電所の整備が計画されたことなどから、木材需要が一層高まることが想定されます。
 一方、木材生産を含む森林整備を担っている林業事業体の経営安定化には、年間を通した事業量の確保が重要な課題となっています。
 そこで、機械化の促進や人材の確保・育成に取り組む林業事業体が、計画的な木材生産ができる体制づくりを支援するため、平成27年度から県内で森林整備事業などの発注等を行う公的な機関が連携し、年間の森林整備の事業計画を公表することになりました。
 今回、平成31年度事業予定量を公表しましたので、お知らせします。

公表する情報について

 大分県内において、以下の公的機関が発注を予定している森林整備等の半期ごとの事業予定量について、県全体と地域(振興局単位)ごとで公表します。
 
 (1)九州森林管理局(大分森林管理署、大分西部森林管理署)
 (2)国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林整備センター 大分水源林整備事務所
 (3)(公財)森林ネットおおいた(県営林の保育・間伐)
 (4)大分県(県営林の主伐及び治山事業関係)民有林の県補助事業(森林組合等)は造林補助事業であり、年間の事業量をまとめて公表
 (5)市町村(県に報告があった分のみ)

 今回更新する情報は平成31年4月1日時点の見込み数値です。実際の発注とは異なる可能性がありますのでご了承ください。
大分水源林整備事務所の事業については、分収造林契約に基づき造林者が実施することになっています。また、九州森林管理局は森林管理署単位の公表としています。

森林整備・素材生産の事業予定量情報

平成31年度事業 平成31年4月1日時点(公表日:平成31年4月25日)
◆振興局別事業量
◆国有林の事業量

大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください