ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 林務管理課 > 次世代の大分森林(もり)づくりビジョン

次世代の大分森林(もり)づくりビジョン

印刷用ページを表示する掲載日:2018年3月30日更新

ビジョン策定の趣旨(策定時)  

 本県の森林は、県土の71%を占め、そのうち拡大造林政策により造成されたスギ、ヒノキ等の人工林の割合は53%です。この人工林では、伐採(収穫)可能な森林の割合が65%に達しており、今まさに利用の時期を迎えています。

 しかしながら、木材価格の長期低迷等により、これまでの手法では林業経営が成り立たず、必要な森林の管理や林業生産活動が停滞しています。一方で、近年、台風や豪雨等による自然災害が多発する中、森林の有する公益的機能の発揮に対する県民の期待は益々高まっています。

 このため、「持続的な林業経営を可能にする低コストで合理的な森林施業」や「災害に強い森林の整備」、「生物多様性の保全」など、新たな考え方を取り入れた林業関係者の森林づくりの指針となる「次世代の大分森林(もり)づくりビジョン」を平成25年3月に策定しました。

ビジョンの改訂 

  間伐から主伐への本格移行、成長産業化に向けた取り組みなど、林業を取り巻く諸情勢が変化する中、これまでの取組などを検証し、必要な施策等の変更、追加などを目的として、平成30年3月に改訂を行いました。


ダウンロードはこちらから

   次世代の大分森林(もり)づくりビジョン【H29改訂版】 [PDFファイル/7.71MB]

   次世代の大分森林(もり)づくりビジョン【H29改訂版】(簡略版) [PDFファイル/6.59MB]

ビジョン表紙

次世代の大分森林づくりモデル林の選定

 「次世代の大分森林づくりビジョン」のモデルとなる先駆的な取り組みを実践している県内15カ所の森林について、次世代の大分森林づくりモデル林に選定しましたので、お知らせします。

★モデル林一覧パンフレット    次世代の大分森林づくりモデル林 [PDFファイル/5月12日MB]

次世代の大分森林づくりビジョン推進会議

 「次世代の大分森林づくりビジョン」 の推進を目的に、平成26年2月に「次世代の大分森林づくりビジョン推進会議」を設置しましたので、その会議の内容をお知らせします。

★第1回推進会議(H26.2.12)   第1回会議次第 [PDFファイル/21KB]  

                      会議資料1(県の取組状況)  [PDFファイル/4月01日MB]

                      会議資料2(生産林と環境林の区分検討) [PDFファイル/1月5日MB] 

★平成26年度次世代の大分森林づくりビジョン推進会議

平成27年2月に推進会議を開催しましたので、その内容をお知らせします。

★平成27年度次世代の大分森林づくりビジョン推進会議

平成28年3月に推進会議を開催しましたので、その内容をお知らせします。

★平成28年度次世代の大分森林づくりビジョン推進会議

平成29年3月に推進会議を開催しましたので、その内容をお知らせします。

★平成29年度次世代の大分森林づくりビジョン推進会議

次世代の大分森林づくりビジョン【H29改訂版】策定にあたり、平成29年8月、11月及び平成30年2月に推進会議を開催しました。

海外向けPR動画についてはここをクリックしてください