ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 森との共生推進室 > 平成30年度狩猟免許関係

平成30年度狩猟免許関係

印刷用ページを表示する掲載日:2018年6月1日更新

狩猟をする場合は、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(平成 14年法律第88号:平成15年4月16 日施行)」(以下、「法」という。)等で次のように定められています。

1. 都道府県知事が行う狩猟免許試験を受け、狩猟免許を取得しなければなりません。

(1)狩猟免許には、網猟免許・わな猟免許・第1種銃猟免許・第2種銃猟免許の4種類があり、法定猟具(環境大臣が定める猟具のこと。)との関係は次のとおりです(法の一部改正に伴い、平成19年度より「網・わな猟免許」が「網猟免許」と「わな猟免許」に分離されました。法の一部改正により、「とらばさみ」の使用は禁止 となりました。)。

網猟免許わな猟免許第1種銃猟免許第2種銃猟免許
網を使用する猟法わなを使用する猟法装薬銃を使用する猟法空気銃を使用する猟法
網とは、絹、木綿、麻その他動植物性繊維または化学繊維の糸などで編まれ、鳥獣捕獲の目的で地上または空間に張ったり、若しくは鳥獣にかぶせ、鳥獣をすくうことができるようにつくられたものをいいます。「わな」とは、鳥獣捕獲の目的をもって、自動的、他動的に鳥獣の脚、頚部等を挟み、くくりまたは鳥獣を圧殺若しくは閉じ込めるように製作された器具をいいます。装薬銃とは、火薬が燃焼するときの爆発エネルギーで弾丸を発射する構造の銃器のことです。空気銃とは、空気の圧力を利用して弾丸を発射する銃器のことです。
むそう網、はり網、つき網及びなげ網くくりわな、はこわな、はこおとし及び囲いわな(囲いわなは、農業者または林業者が事業に対する被害を防止する目的で設置するものを除く。)散弾、単体弾(スラッグ弾)や花火弾等を発射する近射用の銃器、単体弾を回転させて直進的に発射する遠射用のライフル銃空気銃(コルクを発射するものを除く。)

(2)狩猟免許は、網・わな猟免許にあっては18歳に、第1種及び第2種銃猟免許にあっては20歳にそれぞれ満たない者や統合失調症、そううつ病(そう病及びうつ病を含む)、てん かん(発作が再発する恐れがないもの、発作が再発しても意識障害がもたらされないもの及び発作が睡眠中に限り再発するものを除く)にかかっている者並びに麻薬、大麻、あへんまたは覚醒剤等の中毒者などは、受けることができません。

(3)狩猟免許は全国で通用し、有効期間は3年間です。その有効期間が満了する年度に、都道府県知事が行う講習を受け適性検査に合格すれば狩猟免許の更新を受けることができます。

(4)大分県の本年度の狩猟免許試験及び狩猟免許更新の日程は、次のとおりです。

平成30年度狩猟免許試験

平成30年度狩猟免許更新

平成30年度初心者狩猟講習会

 2. 狩猟免許取得後、狩猟をしようとする場合は、区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければなりません。 

(1)登録の有効期間は、北海道が9月15日から翌年4月15日まで、北海道以外の区域は、10月15日から翌年4月15日までです。

(2)大分県の昨年度の狩猟者登録の日程は次のとおりです。

平成29年度狩猟者登録日程

(3)登録の有効期間内に狩猟ができる期間が定められており、北海道が10月1日から翌年1月31日まで、北海道以外の区域は、11月15日から翌年2月15日(大分県では、平成19年度からイノシシ・シカに限り11月1日から翌年3月15日まで。)までで、この期間中に限り狩猟をすることができます。

(4)狩猟期間中に捕獲できる野生鳥獣のことを狩猟鳥獣と言い、それ以外の鳥獣を非狩猟鳥獣と言います。現在、狩猟鳥獣の種類は、環境大臣により次表のとおり定められています。

鳥類(28種類)

獣類(20種類)

カワウ、ゴイサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガ モ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、クロガモ、エゾライチョウ、コジュケイ、ヤマドリ(コシジロヤマドリを除 く 。)キジ(コウライキジを含む)、バン、ヤマシギ(アマミヤマシギを除く。)、タシギ、キジバト、ヒヨドリ、ニュウナイスズメ、スズメ、ムクドリ、ミヤマ ガラ ス、ハシボソガラス、ハシブトガラス

タヌキ、キツネ、ノイ ヌ、ノネコ、 テン(ツシマテンを除く。)、イタチ(オスに限る)、チョウセンイタチ(オスに限る)、ミンク、アナグマ、アライグマ、ヒグマ、ツキノワグ マ、ハクビシン、イノシシ(イノブタを含む。)、ニホンジカ、タイワンリス、シマリス、ヌートリア、ユキウサギ、ノウサギ

(注)狩猟鳥獣には、一日 当たりの捕獲数が決められているものや、環境大臣または都道府県知事により一時的に捕獲が規制されているものがありますので注意が必要です。※平成30年6月1日現在、上記狩猟鳥獣の中で、次の鳥獣につ いては捕獲が禁止されています。
  ・キジ(雌)※亜種のコウライキジを除く、ヤマドリ(雌)

(5)鳥獣の捕獲が禁止されている場所には、鳥獣保護区や休猟区、公道、 環境大臣の指定する公園等、社寺境内、墓地などがあり、これらの場所では、たとえ狩猟鳥獣であっても捕獲はできません。
 なお、平成19年度の狩猟期間より、大分県内の津久見市および大分森林管理署管内の国有林を除く休猟区については、イノシシ・シカを捕獲することが出来るようになりました。

(6)鳥獣の捕獲方法として、爆発物や劇薬、毒薬等を使用する方法、つり ばり、とりもち、弓矢などを使用する方法、同時に31個以上のわなを使用する方法、規定の標識を付けない網またはわなを使用する方法などは禁止されています。

  また、くくりわなについて以下の制限を設けていますので注意願います。

[1]輪の直径は12cm以下とする。(大分県内では、イノシシ・シカを捕獲する目的で設置するくくりわなについては、直径の制限無し。)
[2]締め付け防止金具を設置する。

[3]イノシシ・シカの捕獲に際しては、ワイヤーの直径が4mm以上とする。

[4]イノシシ・シカの捕獲に際しては、「よりもどし」を設置する。

狩猟免許試験

平成30年度狩猟免許試験日程
種類日時場所対象者受付先



(1)

第一種銃猟

第二種銃猟

8月18日(土曜日)

午前9時~

杵築市健康福祉センタ-
多目的ホ-ル
(杵築市大字猪尾941)

東部振興局管内に住所地を有する者
(別府市・杵築市・国東市・姫島村・日出町)

東部振興局 森林管理班
0978-72-0156

大分県庁舎本館
正庁ホール
(大分市大手町3-1-1)

中部振興局管内に住所地を有する者
(大分市・臼杵市・津久見市・由布市)

中部振興局 森林管理班
097-506-5749

 大分県佐伯総合庁舎
4階大会議室
(佐伯市長島町1-2-1)

南部振興局管内に住所地を有する者
(佐伯市)

南部振興局 森林管理班
0972-22-0393

大分県竹田総合庁舎
3階大会議室
(竹田市大字竹田字山手1501-2)

豊肥振興局管内に住所地を有する者
(竹田市・豊後大野市)

豊肥振興局 森林管理班
0974-63-1174

大分県日田総合庁舎
4階大会議室
(日田市城町1-1-10)

西部振興局管内に住所地を有する者
(日田市・九重町・玖珠町)

西部振興局 森林管理班
0973-22-2585

大分県宇佐総合庁舎
大会議室
(宇佐市大字法鏡寺235-1)

北部振興局管内に住所地を有する者
(中津市・豊後高田市・宇佐市)

北部振興局 森林管理班
0978-32-0622

網猟

わな猟

8月19日(日曜日)

午前9時~

上記に同じ上記に同じ上記管轄振興局



(2)

網猟

わな猟

9月15日(土曜日)

午前9時~

大分県国東総合庁舎 
(国東市国東町安国寺786-1)

東部振興局管内に住所を有する者
(別府市・杵築市・国東市・姫島村・日出町)

東部振興局 森林管理班
0978-72-0156

大分県庁舎本館
正庁ホール
(大分市大手町3-1-1)

中部振興局管内に住所を有する者
(大分市・臼杵市・津久見市・由布市)

中部振興局 森林管理班
097-506-5749

大分県佐伯総合庁舎
4階大会議室
(佐伯市長島町1-2-1)

南部振興局管内に住所を有する者
(佐伯市)

南部振興局 森林管理班
0972-22-0393

大分県竹田総合庁舎
3階大会議室
(竹田市大字竹田字山手1501-2)

豊肥振興局管内に住所を有する者
(竹田市・豊後大野市)

豊肥振興局 森林管理班
0974-63-1174

大分県日田総合庁舎
4階大会議室
(日田市城町1-1-10)

西部振興局管内に住所を有する者
(日田市・九重町・玖珠町)

西部振興局 森林管理班
0973-22-2585

大分県宇佐総合庁舎
大会議室
(宇佐市大字法鏡寺235-1)

北部振興局管内に住所を有する者
(中津市・豊後高田市・宇佐市)

北部振興局 森林管理班
0978-32-0622



(3)

第一種銃猟

第二種銃猟

10月6日(土曜日

午前9時~

大分県庁舎本館
正庁ホール
(大分市大手町3-1-1)

県内に住所を有する者上記の管轄振興局

網猟

わな猟

10月7日(日曜日)

午前9時~

1.対象者

   狩猟免許を取得しようとする者。

2.申請期間

   試験(1)は、平成30年7月23日(月曜日)から8月7日(火曜日)までに、
   試験(2)は、平成30年8月20日(月曜日)から9月4日(火曜日)までに、
   試験(3)は、平成30年9月18日(火曜日)から10月1日(月曜日)までに、
   申請は原則、住所地を管轄する振興局(以下「管轄振興局」という。)農山(漁)村振興部 森林管理班にて印鑑及び手数料を持ってきて行うこと。ただし、勤務先等のある他振興局に提出することも可。なお、狩猟免許申請書は、県振興局に備付けの用紙を使用すること。

  狩猟免許申請書 [PDFファイル/123KB]

3.添付書類

   (1)写真1枚(最近6ケ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記載したもの。)

   (2)医師の診断書(統合失調症、そううつ病(そう病及びうつ病含む)及びてんかん(発作が再発する恐れがないもの、発作が再発しても意識障害がもたらされないもの及び発作が睡眠中に限り再発するものを除く)にかかっていないこと並びに麻薬、大麻、あへん及び覚醒剤の中毒者ではないこと、更に自己の行為の是非を判断し、またはその判別に従って行動する能力がなく、または低いものでないことを証明するもの。下記の医師の診断書参照) または、銃砲の所持許可を現に受けている場合は、その所持許可証の写し。

  医師の診断書 [PDFファイル/39KB]

   (3)返信用封筒1通(郵便切手を添付し、宛名を書いた封筒、また2種以上受験する場合も1通で可。)

4.手数料

次の額の手数料は、狩猟者の確保・育成を図るために徴収しないので、狩猟免許申請書に大分県収入証紙を貼り付けないこと。

   (1)既に狩猟免許を受け、その有効期間内に他の狩猟免許を取得しようとする者。
                    ・・・網猟免許、わな猟免許、第一種銃猟、第二種銃猟    各々 3,900円 →0円

   (2)(1)以外の者・・・網猟免許、わな猟免許、第一種銃猟、第二種銃猟  各々 5,200円 →0円

5.携帯品

   受験票及び筆記具(受験票については、あらかじめ受験票に記載されている期日の狩猟免許試験のみ有効。)

6.試験内容

   (1)知識試験(法令、猟具、鳥獣並びに鳥獣の保護管理に関する知識についての筆記試験)90分

   (2)適性試験(視力、聴力及び運動能力)

   (3)技能試験(猟具の取扱い、距離の目測(網猟、わな猟は除く)及び鳥獣の判別)

   (4)試験の順序・・・知識試験及び適性試験を行ない、そのいずれにも合格した者に対して、技能試験を行う。

7.合格発表

   合格の発表は、試験当日に行う。また、大分県個人情報保護条例(平成13年12月25日大分県条例第45条)第21条に基づく受験者本人からの口頭による開示請求は、合格発表の日から1ヶ月以内とし、本人であることを証明する書類(受験票、運転免許証等)を提示しなければならない。

8.注意事項

   (1)申請者は、管轄振興局が実施する上記の会場において受験するものとする。ただし、勤務先のある他会場での受験を希望する場合は、早くに、その旨を管轄振興局まで連絡し、その指示を受けること。

   (2)試験当日欠席した者(30分以上遅刻したものを含む。)に対する再試験等は一切行わない。また受験票は、あらかじめ記載された期日の試験のみ有効であり、試験(1)を受験しなかった者がその受験票で試験(2)や試験(3)を受けることは出来ない。

9.その他

   詳細については、県振興局農山(漁)村振興部までお問い合わせください。

狩猟免許更新

平成30年度狩猟免許更新日程
種類日時場所対象者受付先
全猟種9月5日(水曜日)午前9時~杵築市健康福祉センター 多目的ホール
(杵築市大字猪尾941)
東部振興局管内に住所を有する者(別府市・杵築市・国東市・姫島村・日出町)東部振興局 森林管理班
0978-72-0156
9月7日(金曜日)午前9時~アストくにさき アグリホ-ル
(国東市国東町鶴川160-2)
9月13日(木曜日)午前9時~別府市役所 1階レセプションホール
(別府市上野口町1-15)
9月5日(水曜日) 午前13時~大分市鶴崎公民館
(大分市東鶴崎1-1-7)
中部振興局管内に住所を有する者(大分市・臼杵市・津久見市・由布市)中部振興局 森林管理班
097-506-5749
9月6日(木曜日) 午前13時~由布市庄内庁舎
(由布市庄内町柿原302)
9月10日(月曜日) 午前13時~大分県教育会館 多目的ホール
(大分市下郡496−38)
9月11日(火曜日) 午前13時~臼杵市中央公民館 大ホール
(臼杵市大字臼杵2-107-562)
9月6日(木曜日)午前9時~佐伯市保健福祉総合センター  和楽
(佐伯市向島1丁目3-8)
南部振興局管内に住所を有する者(佐伯市)南部振興局 森林管理班
0972-22-0393
9月5日(水曜日)午前9時~くじゅうサンホール(久住公民館)
(竹田市久住町久住6154)
豊肥振興局管内に住所を有する者(竹田市・豊後大野市)豊肥振興局 森林管理班
0974-63-1174
9月6日(木曜日)午前9時~豊後大野市神楽会館
(豊後大野市清川町砂田810)
9月7日(金曜日)午前9時~豊後大野市神楽会館
(豊後大野市清川町砂田810)
9月5日(水曜日)午前9時~日田市役所 大会議室他
(日田市田島2-6-1)
西部振興局管内に住所を有する者(日田市・九重町・玖珠町)西部振興局 森林管理班
0973-22-2585
9月6日(木曜日)午前9時~日田市役所 大会議室他
(日田市田島2-6-1)
9月12日(水曜日)午前9時~玖珠町くすまちメルサンホール大ホール他
(玖珠郡玖珠町岩室24-1)
9月5日(水曜日)午前9時~大分県宇佐総合庁舎 大会議室
(宇佐市大字法鏡寺235-1)
北部振興局管内に住所を有する者(中津市・豊後高田市・宇佐市)北部振興局 森林管理班
0978-32-0622
9月6日(木曜日)午前9時~豊後高田市役所 コスモスホール
(豊後高田市是永町39-3)
9月11日(火曜日)午前9時~大分県中津総合庁舎 大会議室
(中津市中央町1-5-16)
9月12日(水曜日)午前9時~耶馬溪公民館 文化ホール
(中津市耶馬溪町柿坂520)
9月14日(金曜日)午前9時~大分県庁舎本館 正庁ホール
(大分市大手町3-1-1)
県内に住所を有する者上記の管轄振興局
 
1.対象者

   平成27年度に狩猟免許を取得した者。 

2.申請期間

   平成30年8月1日(水曜日)から8月17(金曜日)までに住所地を管轄する各振興局(以下「管轄振興局」という。)農山(漁)村振興部 森林管理班に狩猟免許更新申請書を提出すること(印鑑及び手数料を持ってくること)。

 狩猟免許更新申請書 [PDFファイル/60KB]

3.添付書類

   (1)写真1枚(最近6ケ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記載したもの。)

   (2)医師の診断書(統合失調症、そううつ病(そう病及びうつ病含む)及びてんかん(発作が再発する恐れがないもの、発作が再発しても意識障害がもたらされないもの及び発作が睡眠時に限り再発するものを除く)にかかっていないこと並びに麻薬、大麻、あへん及び覚醒剤の中毒者ではないこと、更に自己の行為の是非を判断し、またはその判別に従って行動する能力がなく、または低いものでないことを証明するもの。下記の医師の診断書参照) または、銃砲の所持許可を現に受けている場合は、その所持許可証の写し。

  医師の診断書 [PDFファイル/39KB]

   (3)返信用封筒1通(郵便切手を添付し宛名を書いた封筒、また2種以上更新する場合も1通で可。)

4.手数料

   狩猟免許更新申請書に二千九百円分の大分県収入証紙を貼り付けて提出すること。
   但し、申請書を提出する日前1年以内の期間に、大分県内で有害鳥獣捕獲に従事した者については、手数料を徴収しないので、狩猟免許申請書に大分県収入証紙を貼り付けないこと。

   網猟、わな猟、第一種銃猟、第二種銃猟  各々 2,900円

   ※手数料を徴収しないのは、有害鳥獣捕獲に従事した際の猟法のみが対象となります。
     (例)  わな猟と第一種銃猟の両方の狩猟免許を更新したいが、わな猟でのみ有害鳥獣捕獲に従事した場合
        →わな猟0円+第一種銃猟2,900円=2,900円。

   ※手数料は県の収入証紙により納入していただくことになりますので、申請の際に県振興局でお買い求めください。
 

5.携帯品

   受験票及び筆記具 

6.更新内容

   (1)講習:鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法令、鳥獣の判別、猟具の取扱い及び鳥獣の保護及び管理に関する知識

   (2)適性検査:視力、聴力及び運動能力

7.合格発表

   合格の発表は、更新当日に行う。 

8.注意事項

   申請者は、管轄振興局が実施する上記の各会場において受験するものとする。
   ただし、仕事等の都合によりやむを得ず受験できない場合または勤務先のある他会場での受験を希望する場合は、早くに、その旨を管轄振興局まで連絡し、その指示を受けること。
   それでもなお、受験できなかった者は、平成30年9月14日(金曜日)に大分県庁舎本館正庁ホールで受験すること。

9.その他

   詳細については、県振興局農山(漁)村振興部までお問い合わせください。

初心者狩猟講習会

区分

日時

場所

受付期間

わな猟

7月16日(月曜日・祝日)  
10時~16時30分

大分県林業会館 新館3階
(大分市大字古国府字内山1337-20)

7月1日(日曜日)から7月8日(日曜日)まで

第一種銃猟及び第二種銃猟

7月21日(土曜日)  
10時~16時30分

大分県猟友会館 会議室
(大分市顕徳町2-6-13)

7月22日(日曜日)  
10時~16時30分

わな猟

7月29日(日曜日)  
10時~16時30分

豊後大野市神楽会館
(豊後大野市清川町砂田810)

7月11日(水曜日)から7月20日(金曜日)まで

わな猟

8月4日(土曜日)  
10時~16時30分

杵築市健康福祉センター 多目的ホール
(杵築市大字猪尾941)

7月21日(土曜日)から7月29日(日曜日)まで

わな猟

8月19日(日曜日)  
10時~16時30分

日田市桂林公民館
(日田市上城内町2-11)

7月30日(月曜日)から8月7日(火曜日)まで

わな猟

8月26日(日曜日) 
10時~16時30分

弥生文化会館
(佐伯市弥生大字上小倉1157-2)

8月8日(水曜日)から8月17日(金曜日)まで

わな猟

9月2日(日曜日) 
10時~16時30分

宇佐市勤労者総合福祉センター さんさん館本館
(宇佐市大字四日市391-10)

8月18日(土曜日)から8月26日(日曜日)まで

わな猟

9月24日(月曜日・祝日 
10時~16時30分

大分県林業会館 新館3階
(大分市大字古国府字内山1337-20)

8月27日(月曜日)から
9月7日(金曜日)まで

第一種銃猟及び第二種銃猟

9月29日(土曜日)
10時~16時30分

大分県猟友会館 会議室
(大分市顕徳町2-6-13)

9月30日(日曜日) 
10時~16時30分

   
1.受講料
 
 「わな猟」は8,000円、「第一種銃猟・第二種銃猟」は12, 000円、両区分とも受講する場合は、併せて20,000円。
 
2.申 込

 在住市町村の大分県猟友会支部(下記連絡先)に、受講料を持って申し込むこと。

3.受付場所
 
支部名電話番号備考
国東市0978-83-0015
杵築市0978-63-4496
速見郡0977-72-2779
別府市0977-22-4551牧サイクル 内
大分市097-538-1042火曜日のみ受付
由布市097-582-0900おおいた森林組合 内
臼杵市0972-62-2250
津久見市090-4351-7801
佐伯市0972-46-1134
豊後大野市0974-22-2424
竹田市0974-62-3434東建設 内
玖珠郡0973-76-3215
日田市090-8911-1515行政書士樋口政信事務所内
中津市0979-22-0239(有)冨永銃砲火薬店
豊後高田市0978-22-2026益田銃砲火薬店
宇佐市0978-42-6438

講習会の内容等のお問合せは
大分県猟友会 大分市顕徳町2-6-13 電話番号097-532-4543 まで

狩猟者登録

平成29年度狩猟者登録日程 ※平成30年度については未定です。

※受付時間については、会場毎に変更があり得るので、県振興局農山(漁)村振興部に問い合わせること。 

時間

場所

対象者

東部10月 6日(金曜日)9時30分~15時00分国東市役所(2階201~203会議室)国東市

10月11日(水曜日) 

9時30分~12時00分大分県日出総合庁舎(2階大会議室)日出町
13時00分~15時00分杵築市
10月13日(金曜日)9時30分~15時00分別府市水道局(3階大会議室)別府市
中部10月4日(水曜日)9時30分~11時30分

大分市役所大南支所(大会議室)

大南・竹中地区
10月5日(木曜日)9時30分~16時00分臼杵市役所臼杵庁舎(2階203・204会議室)臼杵市・津久見市
10月6日(金曜日)

9時00分~16時00分

由布市役所庄内庁舎(3階大会議室)旧挾間町・旧庄内町・旧湯布院町
10月10日(火曜日)9時30分~15時30分大分市稙田公民館(大研修室)稙田・野津原地区
10月12日(木曜日)9時30分~15時30分大分市鶴崎公民館(第一会議室)鶴崎・坂ノ市・大在・佐賀関地区
10月13日(金曜日)9時30分~15時30分大分県教育会館(2階201会議室)中央地区
南部10月11日(水曜日)9時30分~10時00分大分県佐伯総合庁舎(4F大会議室)大分県佐伯総合庁舎(4F大会議室)本匠(因尾)
10時00分~10時50分本匠(中野)
10時50分~12時00分直川
13時30分~14時00分宇目(重岡)
14時00分~15時00分宇目(小野市)
15時00分~15時30分蒲江

10月12日(木曜日)

9時30分~10時00分大分県佐伯総合庁舎(4階大会議室)上浦
10時00分~10時30分鶴見
10時30分~11時00分米水津

11時00分~11時30分

弥生(明治)

13時00分~13時30分

弥生(上野)
13時30分~14時00分弥生(切畑)
14時00分~14時30分佐伯市(海崎)
14時30分~15時30分佐伯市(堅田)
10月13日(金曜日)9時30分~10時00分大分県佐伯総合庁舎(4階大会議室)佐伯市(鶴岡)
10時00分~10時30分佐伯市(青山)
10時30分~11時00分佐伯市(木立)
11時00分~11時30分佐伯市(佐伯)
豊肥10月 3日(火曜日)9時00分~10時30分大分県豊後大野総合庁舎(大会議室)朝地町

10時30分~12時00分

千歳町
13時00分~14時00分清川町
14時00分~16時00分緒方町
10月 4日(曜日)

9時00分~11時20分

大分県豊後大野総合庁舎(大会議室)大野町
11時20分~12時00分犬飼町
13時00分~16時00分三重町
10月 5日(木曜日)9時20分~10時00分大分県竹田総合庁舎(大会議室)久住・白丹
10時00分~11時00分都野
11時00分~12時00分長湯・下竹田
13時30分~14時30分竹田・入田・玉来・松本・城原・宮城

14時30分~16時00分

菅生・岡本・明治
10月 6日(金曜日)9時00分~12時00分大分県竹田総合庁舎(大会議室)荻・柏原・姥岳・宮砥
西部10月 4日(水曜日)9時00分~16時00分大分県日田総合庁舎(4階大会議室)旧日田郡
10月 6日(金曜日)9時00分~16時00分大分県日田総合庁舎(4階大会議室)旧日田市

10月13日(金曜日)

8時30分~16時00分大分県玖珠総合庁舎(3階大会議室)玖珠郡
北部10月 3日(火曜日)9時00分~16時00分豊後高田市役所(2階コスモスホール)旧豊後高田市
旧真玉町・旧香々地町
10月 5日(木曜日)9時00分~12時00分大分県宇佐総合庁舎(2階大会議室)

旧宇佐郡

13時00分~16時00分大分県宇佐総合庁舎(2階大会議室)

旧宇佐市

10月11日(水曜日)9時30分~12時00分大分県中津総合庁舎(3階大会議室)旧中津市
13時00分~15時00分大分県中津総合庁舎(3階大会議室)旧三光村、旧本耶馬渓町
10月12日(木曜日)9時30分~12時00分中津市耶馬溪公民館(文化ホール)旧耶馬溪町
13時00分~15時00分中津市耶馬溪公民館(文化ホール)旧山国町

  ※受付時間については、会場毎に変更があり得るので、県振興局農山(漁)村振興部に問い合わせること。 

 
1.対象者

平成29年度の猟期中に狩猟を行う予定の者で、上表の対象者欄の各振興局管内に住所地を有する者。

  ※但し、網猟、わな猟については、有害鳥獣捕獲のみを行う者を平成29年度から狩猟者登録の対象外とし、手数料及び税金が不要となっています。

2.申請期間

(1)県内在住者

上記日程で、住所地を管轄する各振興局(以下 「管轄振興局」という。)に狩猟者登録申請書を提出すること(印鑑、税金及び手数料を持ってくること)。

(2)県外在住者

平成29年9月15日(金曜日)以降に、一般社団法人大分県猟友会に狩猟者登録申請書を提出すること。その際、税金及び手数料を入金すること。
くわしいことは、『一般社団法人大分県猟友会』まで・・・・・・Tel (097)532-4543

狩猟者登録申請書様式 [PDFファイル/117KB]

3.添付書類

(1)県内在住者

[1]「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律施行規則」第67条に定める要件を備えていることを証する書面(共済事業の被共済者にあっては給付額が、損害保険会社の被保険者にあっては保険金額が、それぞれ3,000万円以上であること。またはこれらに準ずる資力信用を有すること。)

[2]写真2枚(最近6ケ月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景の縦3.0センチメートル、横2.4センチメートルの写真で、その裏面に氏名及び撮影年月日を記載したもの。)

[3]平成28年度の県民税の所得割額を納付することを要しないことを証明する市町村長の発行する書面(網猟、わな猟または第一種銃猟の狩猟免許に係る狩猟者登録を受ける者のうち、下記に該当する者のみ。)

[4]返信用封筒 1通(郵便切手82円分を添付し、宛名を書いた封筒(郵送を希望する者のみ。))

(2)県外在住者

上記(1)県内在住者の[1]~[3]に加えて、下記の[5]~[7]のうち 1つ。(返信用封筒は不要です。) 

[5]狩猟免状の呈示

[6]狩猟者登録用として再交付を受けた狩猟免状(平成28年度に発行したものに限る。)

[7]各都道府県猟友会長が原本と相違ない旨を認めた狩猟免状の写し(平成28年度に発行 したものに限る。)

[8]郵送料(返送料) 書類の返送料はすべて宅急便による着払いとなる。

4.税金及び手数料

(1)狩猟者登録に係る手数料

狩猟者登録申請書に千八百円分の大分県収入証紙を貼り付けて提出すること。
但し、下記については、平成29年度から手数料を徴収しないので、狩猟者登録申請書に大分県収入証紙を貼り付けないこと。

[1]新たに狩猟免状の交付を受けた者で当該年度の狩猟者登録を受ける者

  ※平成29年度から手数料を徴収しないのは、新たに免状の交付を受けた猟法のみが対象となります。
  (例)  わな猟と第一種銃猟の両方の狩猟者登録をしたいが、既に第一種銃猟免許を持っており、今年度新たにわな猟免許を取得した場合
     →わな猟0円+第一種銃猟1,800円=1,800円。

[2]申請書を提出する日前1年以内の期間に、大分県内で有害鳥獣捕獲に従事した者

  ※平成29年度から手数料を徴収しないのは、有害鳥獣捕獲に従事した際の猟法のみが対象となります。
  (例)  わな猟と第一種銃猟の両方の狩猟者登録をしたいが、わな猟でのみ有害鳥獣捕獲に従事した場合
     →わな猟0円+第一種銃猟1,800円=1,800円。

  [2]であることの証明書類として下記が必要です。

     イ.法に基づく許可証又は従事者証の写し
       (許可証の報告欄に必要な記載があれば、ロ.の書面は不要)

     ロ.捕獲等の結果を示す書面 a~fの何れか1つ
       (捕獲等の日付、場所、対象種、捕獲数等を記載したもの)
        a 県猟友会発行会員手帳の身分証明書及び実包管理表の写し
        b 有害鳥獣捕獲等作業日誌の写し
        c 従事者証の裏面の報告欄の写し
        d 捕獲速報票の写し
        e 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(許可証の交付を受けた者(後述の減税の証明書類として
狩猟税納税票に添付した場合は写しでも可))狩猟税
        f 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(従事者証の交付を受けた者(
後述の減税の証明書類として狩猟税納税票に添付した場合は写しでも可))
          (e又はfの証明書があれば、イ.の写しは不要)

(2)狩猟者登録に係る税金

通常の税率は下表のとおり。

免許種別狩猟税
[1][2]
網猟8,200円5,500円
わな猟
8, 200円5, 500円
第一種銃猟16,500円11,000円
第二種銃猟5,500 円

(注[1])網猟、わな猟狩猟者登録を受ける者または第一種銃猟狩猟者登録を受ける者で、[2]以外の者。

(注[2])網猟、わな猟狩猟者登録を受ける者または第一種銃猟狩猟者登録を受ける者で、この年度の都道府県民税の所得割額 を 納付することを要しない者のうち、地方税法第23条第1項第7号に規定する控除対象者または同項第8号に規定する扶養親族に該当する者(農業、水産業または林業に従事している者を除く。)以外の者。 

但し、下記については、平成27年度から狩猟税が減免となっている。

[1]対象鳥獣捕獲員(大分県内の市町村に所属する対象鳥獣捕獲員に限る。)及び認定鳥獣捕獲等事業者の捕獲従事者(申請書を提出する日前1年以内の期間に大分県内で認定鳥獣捕獲等事業の従事者証をもらってこの事業に従事したものに限る。)は狩猟税が免除。

[2]申請書を提出する日前1年以内の期間に、大分県内で有害鳥獣捕獲に従事した者については狩猟税が軽減され通常の税率に1/2を乗じた額。(100円未満切り捨て) 

  [2]であることの証明書類として下記が必要です。

     イ.法に基づく許可証又は従事者証の写し
       (許可証の報告欄に必要な記載があれば、ロ.の書面は不要)

     ロ.捕獲等の結果を示す書面 a~fの何れか1つ
       (捕獲等の日付、場所、対象種、捕獲数等を記載したもの)
        a 県猟友会発行会員手帳の身分証明書及び実包管理表の写し
        b 有害鳥獣捕獲等作業日誌の写し
        c 従事者証の裏面の報告欄の写し
        d 捕獲速報票の写し
        e 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(許可証の交付を受けた者(公印が押された原本))
        f 有害鳥獣捕獲許可に係る証明書(従事者証の交付を受けた者
(公印が押された原本)
          (e又はfの証明書があれば、イ.の写しは不要)

5.県外在住者の納付方法

狩猟税、狩猟者登録手数料及び郵送料は、口座振込のみの扱いとする。

○ 振込先  大分銀行 県庁内支店 普通預金  口座番号 5086545
         一般社団法人 大分県猟友会

6.注意事項

(1)狩猟者登録証及び狩猟者記章(以下「狩猟者登録証等」という。)の携帯・着用

狩猟者登録を受けた者は、狩猟をするときは、必ず狩猟者登録証を携帯し狩猟者記章を着用しなければなりません。

(注)網猟、わな猟の狩猟免許に係る登録を受けた者は、狩猟をするときは、その使用する猟具ごとに住所及び氏名並びに狩猟者登録証に記載された都道府県知事名、登録年度及び登録番号を1字の大きさが縦・横1.0センチメートル以上の文字で記載した金属製またはプラスティック製の標識を付けなければなりません。

(2)狩猟者登録証等の返納

狩猟者登録証等については、狩猟者登録が抹消されたときや狩猟者登録の有効期間(毎年10月15日から翌年の4月15日まで)が満了したときはその日から起算して30日を経過する日までの間に、交付を受けた行政庁に返納しなければ なりません。 また、狩猟者登録証を返納する際は、鳥獣の捕獲をした場所及びその捕獲をした鳥獣の種類別の員数を報告しなければなりません。

(3)狩猟者登録証等の亡失の届出

狩猟者登録証及び狩猟者記章の交付を受けた者は、これを亡失したときは、その 旨を書面をもって遅滞なく交付を受けた行政庁に届け出なければなりません(狩猟免状を亡失した場合も同様です)。

(4)狩猟者登録証等の再交付

狩猟者登録証及び狩猟者記章の交付を受けた者は、これを亡失または損傷したときは、その再交付を請求することができます。また、その場合の再交付手数料は次のとおりです(狩猟免状を亡失した場合も同様です)。

網猟、わな 猟、第一種銃 猟、第二種銃猟(共通)狩猟免状再交付1,000円
狩猟者登録証再交付1,100円
狩猟者記章再交付1,000円

(5)住所または氏名の変更の届出

狩猟者登録証の交付を受けた者がその住所または氏名を変更したときは、早く にその旨を所轄行政庁に届け出なければなりません。

亡失届出・再交付申請・住所等変更届出様式 [PDFファイル/64KB]

7.その他

詳細については、最寄りの県振興局農山(漁)村振興部までお問い合わせください。