ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 森との共生推進室 > 大分トヨペット株式会社とトヨタ自動車株式会社から県に桜の苗木が寄贈されました

大分トヨペット株式会社とトヨタ自動車株式会社から県に桜の苗木が寄贈されました

印刷用ページを表示する掲載日:2019年6月21日更新

 6月17日、大分トヨペット株式会社とトヨタ自動車株式会社の共催による「トヨペットふれあいグリーンキャンペーン」が開催されました。このキャンペーンは、緑豊かな街づくりをめざした社会貢献活動として(公社)国土緑化推進機構の協賛を受けて1976年より毎年実施しており、今年で44回目を迎えます。 
 本年度は、ボタンザクラ300本、シダレザクラ2本を寄贈していただき、大分県県民の森平成森林公園「さくら園」で寄贈式と大分トヨペット社員による植栽活動を行いました。寄贈していただいたボタンザクラの苗木は11月に開催される「第19回豊かな国の森づくり大会」でも植栽予定です。

目録贈呈の画像
大分トヨペット株式会社片岡社長から安東副知事へ目録の贈呈

メッセージの伝達の画像
ミス・インターナショナル日本代表 岡田朋峰さんが「緑の大使」として国土緑化推進機構のメッセージを伝達

記念植樹の画像
片岡社長、ミス岡田さん、安東副知事による記念植樹

植栽活動の画像
大分トヨペット株式会社の社員の皆さんによる植栽活動


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください