ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 森との共生推進室 > 大分県森林環境税報告書~第3期の検証と今後のあり方~

大分県森林環境税報告書~第3期の検証と今後のあり方~

印刷用ページを表示する掲載日:2020年8月28日更新

大分県森林環境税報告書について

 平成18年度に大分県森林環境税が導入されて以来、大分県森林(もり)づくり委員会では、大分県森林環境税を活用した取組の成果検証や、税を活用した新たな取組の審査を行っています。

 税導入15年を迎えた本年度、これまでの税収状況、、税活用事業の実施状況とその成果検証、制度や取組について県民の意識調査を行いました。

 その結果をまとめた「大分県森林環境税報告書~第3期の検証と今後のあり方~」を、令和2年8月28に大分県森林づくり委員会の林 浩昭委員長(国東半島宇佐地域世界農業遺産推進協議会 会長)から、広瀬知事へ提出しました。

1

2

大分県森林環境税報告書~第3期の検証と今後のあり方について~  [PDFファイル/3.44MB]


海外向けPR動画についてはここをクリックしてください