ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織からさがす > 漁業管理課 > 「かぼすブリ」について知ろう

「かぼすブリ」について知ろう

印刷用ページを表示する掲載日:2019年2月12日更新

「かぼすブリ」について

ポスター
                                    ※「かぼすブリ」は大分県漁業協同組合の登録商標です

1.概 要 : 大分産かぼす(生産量全国第1位)を餌に混ぜて育てた養殖ブリ(H29年:15,759トン生産量全国第2位)

 

2.産 地 : 臼杵市、津久見市、佐伯市

 

3.生産量 : 29年度 560トン

         県内はもちろん、関東や関西地方など全国に広く出荷されています。

 

4.生産者数 : 4経営体(臼杵市2、津久見市1、佐伯市1)

 

5.出荷時期 : 10月頃~3月末

           ブリに脂がのっておいしくなる冬季の旬にあわせて出荷します。平成30年は10月26日に大分市公設

           地方卸売市場で生産者や流通関係者で旬入り宣言式を開催し、出荷が始まりました。

6.かぼすブリ生産基準 : 

   かぼす資材の給餌条件  

     果汁は餌に対し、1.0%添加  30回給餌

     果皮パウダーは餌に対し、0.5%添加 25回給餌

7.特徴 :

   味よし  (脂がしつこくなく、さっぱりとした味わい)

   香りよし (魚臭さが少なく、ほのかにカボス香りも)

   見た目よし(切り身の色変わりが遅く、身の色が美しい)

 

8.これまでの経緯 :

   平成19年度 大分県農林水産研究指導センター水産研究部において、養殖ブリの弱点でもある血合部分

             の変色の速さを改善することを目標に研究開始

   平成22年度 販売を開始

       平成25年度 かぼすブリ・かぼすヒラメ販売促進協議会(会長:大分県農林水産部審議監)を結成し、

                           生産者・漁協・県が一体となって販売促進活動を実施。

                           全国的にフルーツ魚(みかんなどを餌に使用した養殖魚)の取組が注目され、 かぼすブリの認知度

                           も向上。

かぼすブリのデータ

データ1
データ2
データ3
データ4
データ5
データ6

旬入り宣言

平成30年10月26日(金曜日)の「おおいた県産魚の日」に大分市公設地方卸売市場において、旬入り宣言式を行いました。

宣言式
宣言書

かぼすブリ取扱店

販売時期 10月第4金曜日~翌年3月末

県内 : 「おさかなランド」明野店・稙田店、県内主要量販店


大分ラグビー情報についてはここをクリックしてください